パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコ店員物語その1
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


先日紹介した元パチンコ業界人とは別の方が
私のブログを読み共感してくれてメールをいただきました。

パチンコ業界が良くわかる経験談を送ってくださいました。

転載の許可をいただいていますので
2部に分けさせていただいてご紹介させていただいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.反パチンコ「打つ必要と打ちたい衝動」

昔、アルバイトからこんな相談を受けました。
高校卒業して1年たったかたってないかぐらいのあどけない男の子から。

その子「マネージャーさぁ、相談あるんだけど。」
私「ん?」
その子「オレ、パチンコってやったことなくて。仕事覚える上でやった方がいいのかなぁ?」
私「別にやんなくていいんじゃん?知識だけなら働いてるうちに覚えるよ。」
その子「えっ、そうなの?ほかの人達はやった方がいいって・・・・」

一応お店内での人間関係のなめらかさ維持に、かなり言葉濁して言いました。
「おうやれどんどんやれ」とは冗談でももちろん言えるわけありません。
んだって、君と同時にバイト面接で入ってきたヤツ。サラ金を数社で合計3桁万円つまんでんだぜ。
ちょっと気弱そうな子だったから、目をかけてあげたかったが。その直後に激務の積もりで倒れました・・・・

従業員をやってると。
パチンコやスロットの、液晶演出とか見て惹かれるものってのは確かにあります。
それが、「プライベートでサンドに札をぶち込む衝動」
に、普通はつながるらしいです。
私もそういう衝動、あったにはあったのですが。
別の方向に持って行きました。

「DVD借りる」
「ゲームソフトを買う」
「マンガ喫茶へゴー」

これで、「打ちたい衝動」を昇華してました。
ほとんどどうにかなりました。

そこまでして打たないってなんで?
って思う方もいるはずですが。

あ ん な 1 0 0 0 円 で も 高 い と お も う よ う な
ゲ ー ム で
数 万 も 使 え る わ け
ね え だ ろ う が


2.反パチンコ「一過性にすぎない」

私がやってたとき、打たないと決めた理由は意外とシンプルです。

「打ったら借金だらけになりあっという間に転落するはず」

という予測が、ものすごく初期の段階から容易にくっきりと判明したからです。
今でもそれは続いてますし、覆ることはまずないでしょう。
私は意志が弱い人間です。軽く5回は禁煙に失敗してますし。
そんな人間がパチンコに手を出したらどうなるかは言わずもがなです。


さらに拍車をかけたのが。
異動した先にて歓迎会を開いてくれたときのこと。
突然、男の子達数人+副店長が始めたことを見て超ドン引き。

消 費 者 金 融 カ ー ド 自 慢

です。
普通にありうる話です。この業界なら。
パチモノ疑惑かけていいですかと言わんばかりのボロボロのヴィトンのサイフから出しまくりです。
どこを見てもピカチュウやフシギダネなどのポケモンはプリントされてません。
ポケモンカードで遊ぶ小学生、普通に夕方あたりの公園に行けばいっぱいいますが。
それと比べあまりにも異様すぎて、その直前に食ったチーズポテトが逆流しそうでした。

あの業界は。
喉元過ぎれば熱さを忘れるが、あまたのように起きます。
積み重ねなんて意識できないのだと思います。


3.反パチンコ「懲罰は障壁の向こうで」
大手だから変な従業員がいない?
もちろんこんなもん大間違いです。

例外なくパチンコ店では、お金の貸し借りが横行してます。
それも圧倒的に高頻度で高額なお金が。
消費者金融の有無もへったくれもありません。
昔、711という言葉がはやってましたからね・・・・5号機登場する前は。
セブンイレブンを思い浮かべた方は、それでいいと思います。
ここで書いてある真実の意味なんか知らないほうがいいです。

当たり前だが会社でも禁止してます。
言うまでもなくトラブルが絶えずいろんな事件を併発してますし。
だが現実はというと。
見せしめに懲戒処分やったところで何も変わらないのが現状です。
店長クラスがかくまうなんてザラでしたし。
こっそりリークしても焼け石に水どころか仕事に支障きたすだけでしょう。
すいませんチキンで。

とりあえずお金の管理はキッチリやってました。
買い物したらしっかり金額を記録したり、計画的なまとめ買いで出費を減らしたり。
扱うもの考えたら当然ですが、こういうところからしっかりしなきゃと思ってました。


いやそもそもな。
帰ってくる可能性は限りなく低い。
無断欠勤からそのまま挨拶なき退職につながるケースはザラですから。
そんな人達に囲まれてるわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー原文のままでのせています。ーーー


従業員の借金を生々しく書いてくれています。

パチンコ業界では従業員がサラ金地獄に堕ちることは
トンズラをこいて逃げると同じでよくあることでした。

給料の前借りなんかを頼んで来たときにはもう救えません。

自分のホールスタッフが他店に打ちにいく、
他店のホールスタッフが自店に打ちに来る。

そういったことはしょっちゅうです。
他店のスタッフがいくら借金しょうが関係ありません。
要は金です。儲かりゃなんでもいいのです。

経営者からみれば自店のスタッフでも同じです。
こには感情はなく搾取する対象でしかありません。
自分たち以外は道具であり、使い捨てなのです。


この考え方は基本的なパチンコ店の常識です





◆□◆□◆ 書籍『脱パチンコ』アマゾンにて発売中! ◆□◆□◆
自由国民社より出版。アマゾンにて好評発売中!
アマゾンサイトで『脱パチンコ』で検索してください。

◆□◆□◆  パブーにて無料電子書籍配信中!    ◆□◆□◆
電子書籍出版社のパブーより無料閲覧可能です。
パブーより、パチンコ店の真実で検索してください。


◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
▲TOP
パチンコ店には菌が蔓延
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ




インフルエンザが猛烈に流行していますが
みなさまは大丈夫でしょうか?

この時期は特にパチンコ店に近寄らないようにしてください。
何故ならば病気をもらってしまうからです。

空気が乾燥をして風邪やインフルエンザになりやすくなっています。

風邪やインフルエンザなどの飛沫感染をする
病気には特に気を付けなければいけません。

実はパチンコ店では病気の人が結構多いのです。

パチンカーの方は風邪やインフルエンザで会社や学校を休んでも
家で大人しくしていません。

病状が少しでも軽くなればパチンコ店に足を運ぶのです。

特にインフルエンザは医師から診断されると
出社、出席が強制的に出来なくなります。
しかし、インフルエンザでもパチンコは打てます。

病人は時間を弄んでしまうので
ついフラフラと足を運んでしまうのです。

強者では高熱を出したままパチンコを打つ客までいます。

自分の体などお構いなしです。他人の迷惑など考えていません。
どんなに熱があっても真っ赤な顔をして咳をしながら打ってます。

そんな状態だからこそ菌が蔓延しているのです。
この時期にパチンコをするのは病気を貰いに行くようなものです。

どうしても、パチンコ店にいくのならば
最低でもマスクは必ずしてください。
パチンコ店では菌が飛びまくっているのです。

また、パチンコ店員が風邪やインフルエンザで休むことは
しょっちゅうです。客から菌をもらっているのです。

特にこの時期、管理職はスタッフの出勤調整で
胃が痛くなります。

パチンコ店ではインフルエンザ流行がワンテンポ遅れてくるのは
こういった理由があるからです。

これは現場を知らなければ分かりませんよね。

パチンコ店は売上しか見ていませんから
病気に気を付けてくださいなんかの忠告などしませんよ。

病人だろうが病気が移ろうがようは儲ければいいのですから。





以下は皆さんに知っていてもらいたい事故であり警告です。

パチンコ店で負けて車の運転が粗暴になったことが引き金となりました。


---------------------------------------
私はとんでもない事をしてしまいました。


パチンコ駐車場から出るときに小学生を引いてしまったのです。

その時の私はパチンコで負けて、とてもイライラしていました。
いくら投資をしても一度も当たりを引くことが出来ず
頭に血がのぼり、台を殴ろうかと思ったぐらい負けていました。

事故を起こしたのはその帰りです。
普段はしないような急発進の運転をしてスピードも出しすぎていました。

駐車場から車道に繋がる道を通るときに
自転車にのった小学生が飛び出してきたのです。

ブレーキを踏んでも止まることは出来ずに跳ね飛ばしてしまいました。
相手の命は助かったのですが大きな後遺症が残る結果です。

その後、見舞いに行きましたが小学生の親から殺したいほど憎んでいる
息子の人生を奪ったお前を死ぬほど恨んでいると何度も怒鳴られました。

出来ることなら事故前に戻りたいです。
でも、もう戻ることはできません。

パチンコで負けて運転が荒くなっていた
そんな理由で小学生の未来を奪ってしまいました。

今思い返せばあんなくだらないものをしていたのか
悔やんでも悔やみきれません。

私のような事故を二度と起こさないように
私がしてしまったことをパチンコをする人たちに
お知らせください。

本当にごめんなさい。


---------------------------------------


とある方からの警告でした。

パチンコは周囲を巻き込む危険性があり、
加害者にもなり、被害者にもなるということです。


この方の気持ちをいただき、安全に車を運転してください。

そして、パチンコという日本の未来を堕落させていくようなものを
無くしていきましょう。

パチンコは悲劇しか起こしません。





拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP
パチンコをしない!させない!許さない!
パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


パチンコ撲滅のために行動してください。
怒りを感じたのならば、大人しく黙っているのではなく
それをパワーにして動いて欲しいのです。


消費税増税!年金減額!介護料金up!
医療受診料up!生活保護破綻!
社会保障財源不足!景気後退!

もう日本には体力がないのは明らか。

これまでのように現役世代だけではなく、全ての世代、
日本国民全員が負担を強いられるのは免れない。

しかし、それを実行する前にしなければあるのではないでしょうか。

公務員の給料見直しや、国会議員削減も大事ですが
それ以上に優先度が高いことです。


国税庁の「平成22事務年度法人税等の調査事績の概要」が11月に発表されました。
これは平成22年7月1日から平成23年6月30日までの調査です。

この内容には呆れる現実がありました。


1件当たりの不正脱漏所得金額の大きかった法人の業種は
「パチンコ」の4699万3000円でダントツのワースト1位

そして、不正発見割合は9年連続で2位となっています。
不正で発見割合の高い業種は「バー・クラブ」が1位でしたが
バーやクラブの金額などたかが知れています。

実質脱税1位はパチンコ業界なのです。

パチンコ業界はメディアを通して復興を
支援するというアピールをずっとしてきました。

しかし、東日本大震災の復興を支援するという言葉は建前で
答えがこれです。絆、頑張れ日本は嘘だったのか。

3.11があろうが何も変わっていない
日本を立て直す税金さえまともに払っていないのです。

どんなにホールスタッフが本気で復興を願っても
この現実を踏まえて結果を見れば分かります。

どんなに綺麗事を言っても、ひと握りの人間ために
騙されている、操られているだけなのです。


『日本を応援』という、その裏側では堂々と不正をし、納税という義務を放棄し、
一部の者だけが私腹を肥やしている
のではないですか

パチンコの脱税は巨額であり、なおかつ何十年も続いている。
どんな詭弁を使おうともこの現実は揺らぎません。

パチンコという産業を故意的に野放ししているために
総額は何十兆というお金が消えているのです。

それには全く触れないマスコミ、政治家、警察。
もうこれ以上信頼できるはずがありません。

パチンコ業界はスポンサーだからと問題提起せずに
公務員なら叩き放題という単純な理由から
(もちろんこの格差も是正されるべきとおもっています)
ジャーナリズムの欠片もないマスコミ、
週刊誌ですら取り扱おうとしていません。

天下りを続け、多額の裏金を受け取りとり
法を守るべく取り締まるものが、己の業務を放棄している
パチンコ業界に頭の上がらない警察。

同じく賄賂を受け取り、
景気を上げましょう、自殺を減らしましょうと
口先だけで全てのツケを国民に押し付け、パチンコ推進する政治家

国民は見捨てられている。逆にパチンコ業界は
保護されているということに気づいてください。

パチンコ業界>国民

という式を崩さなければいけない

単純に消費税増税という国民負担で既得権益を守るのではなく
その前にデフレ脱却をする選択肢はまだ残されている。

答えは簡単。不正に払っていないパチンコ業界を潰せばいい。
毎年巨額な裏に消えて言ってるという現状から考えれば当然の答えです。

パチンコの脱税金を無くすだけでも税収は大幅に増えますが

それ以上にパチンコ業界に流れているお金が市場に流れば
経済は間違いなく活気づきます。

パチンコが関与する怪しいお金のが
一般人に流れば物が売れるようになるのです。

パチンコに大金使ってた人が、ショッピング、観光などの消費に走ります。
そうすると国内経済は間違いなく今より格段と良くなるではないでしょうか

モノが売れれば会社は売り上げが上がる、売り上げが上がれば
現役負担世代の給料が上がります。新しい雇用も産まれる。

日本全体が活気づきます。
そのうえお金に困っての自殺や犯罪も大幅に減るではないですか。
パチンコが無くなることにメリットはあってもデメリットが見当たりません。

どんな経済学者が提案する方法よりもデフレ脱却に優れていると
一番のデフレ脱却。不景気を乗り越えるのはパチンコが無くなることです。


これらをすべて踏まえて
私たちが出来ることをしましょう。


●パチンコをしている人は即刻いかないこと

●パチンコの異常性がメディアで放送されないのならば
インターネットの力で広めていくのです。

情報を発信するという
私たちひとりひとりの行動が必要なのです。

もうパチンコは日本から消えて欲しい。
願いはただそれだけです。

パチンコをしない!させない!許さない!

この運動を広めてください!


ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。


▲TOP
反パチンコ運動に対する間違った偏見
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


まずは動画の紹介です。


◆パチンコは国を滅ぼすか?


パネリスト:
 王様水野(白夜書房『パチンコ必勝ガイド』編集者)
 小坂英二(荒川区議会議員)
 鈴木隆行(元パチンコ店経営者)
 立花孝志(元NHK職員・ジャーナリスト・パチプロ)
 坂東忠信(元警視庁刑事通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師)
 古谷経衡(ライター)
 山野車輪(漫画家)
 若宮健(作家)
司会:水島総


動画はコチラです↓




 





擁護派のレベルが低すぎ、
突っ込みどころが沢山ありすぎて話になりません。

すべて、客観的データなどの事実に基づいて発言しておらず
POKKA吉田氏と同じで私はこう思うで議論をしています。

少数派の声高意見のゴリ押しをするという
いつものパターンです。


嫌気がさすぐらい同じことを繰り返します。



なので今回はパチンコ議論に対して視点をかえて
パチンコを批判する人と擁護する人の実態に触れてみます。

その真実とはパチンコ批判運動に対する
間違って結びつけられた偏見です。


何十年も前よりパチンコ反対者が
どれだけ正しい意見を言っても

『パチンコに負けたから腹いせに反対している』
という意見に絡みつけられて

パチンコを批判する奴=どうしょうもない奴
といった偏見の目をもたれてしまっています。



そのため、現在でも心の中では日本からパチンコを
無くしたほうがいいと思っていても

反パチンコを唱えることができない人が大勢いるのです。


しかし実態はどうなのかというと
今回のような動画を見て分かるように


パチンコ擁護派は

意見の根幹が、自分さえよければ他人なんかどうなってもかまわない

全てパチンコをする奴が悪いといった自己責任論です。


しかし、パチンコ否定者は

パチンコに負けて逆恨みから反対しているのではなく

意見の根幹には、決して自分の為ではなく
パチンコによって被害を受けている人の為に行動しているということです。

他人を思いやる愛を持っているのです。


どうしょうもない奴と批難されるのはどっちなのかは明白です。


パチンコを反対することが偏見の目で見られないためにも
こういった真実を知ってもらいたいです。

反パチンコ運動に対する間違った偏見をなくし
私たちに大義名分があるということを多くの人に伝えましょう。


ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP
パチンコ業界の脱税について
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑



パチンコ業界の脱税について



まともに税金なんて払っていないのがパチンコ業界です。
脱税天国業種と認識されています。

下記の情報元は国税局です。

一件あたり脱税額のワーストファイブ
パチンコ1件あたりの不正脱漏所得金額は2807万
不正発見割合が高く税務署発表では業種別で第2位


毎年ベストファイブに君臨する脱税天国業種です。

脱税をする理由に脱税がしやすいということが上げられます
日銭が入る業種でもあり、なおかつ多額の現金が動いています。

・現金商売で仕入れがいらない
・領収書を発行しなくてよい
・秘匿性の高い店舗運営、営業


多くの中小パチンコ店では
払わなければいけないものを払っていません。

俗にタマリと呼ばれる脱税で得た資金の額は非常に多く
それを正攻法で摘発しようとしても家族や友人などを使い巧妙に隠しています。

参考情報ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
20億を越す脱税で懲役4年を求刑 京都のパチンコ店会社

 パチンコの売り上げの一部を除外するなどの方法で約28億円を脱税したとして、法人税法違反や所得税法違反の罪に問われた京都市左京区のパチンコ店経営会社「山村」の元社長、崔大秀被告(70)らの判決公判が23日、大阪地裁で開かれ、並木正男裁判長は、崔被告に懲役4年(求刑・懲役5年)を言い渡した。また、親族4人を懲役1~2年、うち3人に罰金計5億8000万円を、法人としての同社を罰金1億1000万円とした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(産経新聞)
この事件は平成18年に立件された事件です。
巧妙な証拠隠滅工作を図り、悪質な犯行と指摘されています。


異様なほどに巨額な金額を脱税するパチンコ業界はこんなもんです。
私見ですがハッキリと分かっている金額だけで20億、それ以上の脱税があったと思っています。


具体的な脱税方法としては

○データ改竄


第三者がホールの売上げといくら還元したか調べることはほぼ不可能です。
売上を管理するホールコンピューターはありますがもちろんそれを操作することもできる

不正ソフトウェアで売上の調整や
パチンコはCR気が付いているのは売上はごまかせませんが払い戻しでごまかしがききます。

これは遠隔操作うんぬんではなく、
閉店後に売上金と還元金のごまかしを少しの操作だけですましてしまうお手軽な脱税です。

売上げデータ管理はホールコンピューターに記憶されている数字
データを故意的にあげないようにしたり数字改ざんしたりすることは簡単です。
還元率、払出を多くすれば裏金がつくれる
売上除外←データ線抜けばできます

○利益圧縮
パチンコ業界を取り巻く商品はすべて割高です。古くから付き合いのある会社を通して市場よりも高値で取引をしてバックマージンを得て懐に入れます。
会社とすれば儲けを少なくするため経費を多くつくり、利益圧縮をして税金を納める額を削減することになります。

機械屋、広告などの料金を故意的に双方合意で大幅に上げ業者からのリベートを蓄えるなど主に広告屋、機械屋などのリベートは業界では常識のように慣行されています。

もっとひどいのは別会社を立ち上げ損失をあえてだし
これらの行為はグレーゾーンですが証拠が残らず商法には違反しないため取り締まることができていないのが現状です。

○サクラ

サクラを使えば簡単に裏金ができます。それには税金がかかりません。
客が店とつながっていたら発覚することはほぼないです。
何も知らない客だけが馬鹿をみます。

これだけではなく脱税方法はまだまだあります。
巧妙な証拠隠滅工作を図るなど犯行は悪質です。

もちろん上記の複合型が多く金額も年間で数千万~数億
やろうとおもえば簡単にできます。正直に申告する必要性などまったくありません。

これらの脱税を知っているのも脱税して喜ぶのも経営者だけですが・・・

さらにホールが私利私欲のために脱税を行うことのほかに、脱税によって裏金をつくらなければ献金や送金など某組合を主体とした業界内での存続ができずに生き残れないなどとも噂されています。

脱税をせざるを得ない構造的理由として

『違法の賭博を黙認させるために闇現金と言う武器が大量に必要』
『ホールの売上金の一部が裏金として不正に北朝鮮に流出』

あくまでも噂ですが、脱税金の一部は北朝鮮や政治家、警察に流れており
裏金を作らなければパチンコ店が存続できない理由とも言われております。

また逆に北朝鮮で作られた偽札が
パチンコ店でマネーロンダリングされているとの噂もあります。

ロンダリングとは簡単に言うと偽札を本物のお札と変える行為です。
北朝鮮で作ったものを換金の際に数枚紛れ込ますという手口です。

不正全般がそうなのですが、これらの真実は店のトップまたは店の運営などの
一部のトップしか知りません。

特に幹部や店長が身内企業はあやしいです。

雇い店長の場合でも、本社で身内が経理を担当して処理している場合があり
疑ってかかるほうが間違いはありません。

どれだけパチンコ店が健全性をアピールしていても
情報公開が推進しても信用してはいけません。
合法的な抜け道はたくさんあります。

マスコミではあまり取り上げられることがありませんが
まともに税金も払わないパチンコ業界は日本の国益にかかわります。

扱う金額の大きさが他の現金商売とは全然単位が違う問題です。
もっと取り上げられるべき問題だと思います。

ギャンブルすべてそうですがマスメディアの誘導で
『騙すのが悪いのではなく騙されるほうが悪い』のが常識となってきています。
騙す方が悪いに決まっています。

そして騙す原因を潰すのが国の仕事なのではないでしょうか・・・


現金商売で仕入れがいらない、領収書を発行しなくてよい、秘匿性の高い店舗運営
など脱税がしやすい環境が整っていて

違法の賭博を黙認させるために闇現金と言う武器が大量に必要、祖国に送らなければならないという脱税をせざるを得ない理由があります。

脱税天国のパチンコ業界、
本当にこのままでいいのでしょうか?



   メルマガ登録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。



ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン




▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。