パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ギャンブル依存症カウンセラーが書いた脱パチ本 発売開始!
パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑

パチンコはこうすれば止められる
       販売開始

ギャンブル依存症カウンセラーが教える「脱パチンコ」実践編

長年に渡るギャンブル依存症カウンセラーとしての全てが本になりました。

電子出版していた本が好評につき書籍化されました!
内容は『パチンコを止める(止めさせる)ために読む本』が元となっています。
前作『脱パチンコ』では踏み込むことのできなかった具体的なパチンコの止め方を解説しています。

電子書籍のみの販売でしたが、自由国民社様のご協力を得て
より多くの人に気軽に読んでもらえる書籍での出版となりました。

-----------------------------------------------
元パチンコ店長にしてギャンブル依存症カウンセラーの経験と実績にもとづき、
パチンコを確実に止める方法をわかりやすく教えます!

◇本書「はじめに」より抜粋
「パチンコを止めたい。どうしても止めたい。
でも、止められない」なぜ、こうなるのか?
それは、パチンコのことを何も知らないからです。
そして正しい止め方がわからないからです。

本書はそんな方々のために
「パチンコを止めるための方法」を示します。
本書の目的は一つ。趣味パチからギャンブル依存症まで、
パチンコを止めることです。

kaba-

アマゾンにリンクしています↑

1部 パチンコの実態を知る(パチンコライフの終焉
パチンコが止められない4つの理由
なぜパチンコを「止めなければいけない」のか
パチンコと多重債務 ほか)
第2部 パチンコを止める(のめり込みへのプロセスを知る
パチンコを止めるさまざまな方法
経験から学んだ禁パチの秘訣
「我慢して止める」のは絶対にダメ! ほか)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
▲TOP
許していいのか!パチンコ業界のこの現状!
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


皆さんに考えて欲しいパチンコ業界の現状をお知らせします。
まずは被災地で被災者がどうなっているか知ってください。

以下は毎日新聞社からの引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ザ・特集:東日本大震災 被災地でパチンコ店がはやるワケ』

◇「暇つぶし」大負けしても日参 正月営業は前年比大幅プラス
◇ギャンブル依存症、深刻化 息抜きと区別つかず、対策困難

「娯楽の少ない石巻など沿岸部は、全国でもパチンコ店の多い地域。
宮城県内のお正月営業は、各チェーンの1番店(営業成績トップの店舗)
なら震災前の前年同期比でも大幅プラスになっていると思う。

震災の影響が残る店もあるが、
今年は全体でプラスに転じるのではないか」と予想する。

石巻市で地域に密着した被災者支援を続ける
「NPO石巻復興サポートセンター」の遠藤司さん(49)は
「震災後、厳しい現実から逃れるためにパチンコ店を訪れ、
深みにはまる人も多い。震災が言い訳になっている側面もあるでしょう。
孤独を深めた一部の被災者がギャンブルやアルコールに
依存していく悲劇が生まれています」と話す。


ソースサイト
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120202ddm013040009000c.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パチンコ店が被災者の心の隙間をついて
利益は被災前よりも上回っているという事実


そしてギャンブル依存者が急増しているという事実があります。
この状況を放置していて、いいわけがありません。

NHKはなぜ報道しないのでしょう。

ボランティアも対応に困っている。そして、専門家による
対策チームもできるという事態
にまで発展しているという
現状を伝えることを放棄しています。


民法はあてにできません。
国営放送が知らさなければいけない事実なのです。



他にも知っていて欲しい現状があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○パチンコホール倒産、ピークの3分の1に震災でも顧客マインド衰えず

2011年におけるパチンコホール経営業者の倒産は22件で、
調査を行った過去10年間で最も少ない数字となった

負債総額は49億400万円となり、前年の208億3,900万円28件と比べると
76.5%の大幅減少。4年連続の前年比減少となっており、
負債総額も過去10年で最小となった。

ソースサイト マネージン
http://moneyzine.jp/article/detail/202060/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○法人税の脱税額、ワースト1位はパチンコ業界
1件あたり4700万円、2位に1000万差

法人税の不正申告で、1件当たりの不正脱漏所得金額の大きかった
法人の業種は、「パチンコ」の4699万3000円でワースト1位。

ソースサイト マネージン
http://moneyzine.jp/article/detail/200596
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

右肩下がりだったパチンコ業界は現在盛り返しつつあります。
これは、行動しなければパチンコ業界は無くならないという事です。


パチンコが原因で多額の借金をして自殺した人、
パチンコ業界と癒着、毎年おこる幼児死亡事件様々な問題

消費税増税の前に払うものを払っていない業界に対しての
厳しい取締りなど放置してはいけないことが山ほどあります。

テレビ業界や政治家、警察は癒着している場合ではありません
この状況を見て見みぬふりをしていれば非難されることは当然であり

ましてや、便宜を図っている証拠まであるのですから
組織の恥です。未来永劫忘れることはしないでしょう。

2006年にパチンコは韓国で全廃されたという事実があります。
私たち日本人がやれば必ず全廃することができます。


しいては、パチンコ業界を淘汰することが復興に繋がるのです。

パチンコを
『しない』『させない』『許さない』行動をしてください。




◆□◆□◆ 書籍『脱パチンコ』アマゾンにて発売中! ◆□◆□◆
自由国民社より出版。アマゾンにて好評発売中!
アマゾンサイトで『脱パチンコ』で検索してください。

◆□◆□◆  パブーにて無料電子書籍配信中!    ◆□◆□◆
電子書籍出版社のパブーより無料閲覧可能です。
パブーより、パチンコ店の真実で検索してください。


◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP
パチンコ店員に知っていてもらいたい話
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑



まず先に現在パチンコ業界で働く福島の方から
貴重なメールをいただきましたのでご紹介させていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめまして。
某パチンコ店にて正社員として働いている者です

ちなみになぜパチンコ屋で働こうと思ったかと言いますと、
以前に警備員をしていてたまたまパチンコ屋駐車場警備を

長く任されそこの従業員の方から待遇の良さを聞き、
当時日給制で12H労働しても
残業も付かず6,000円で働いていた身で
まだ20代の私にとってはとても魅力的だったからです。

そしてこの警備についてですが自分が勤務していた警備会社の
上役がそのパチンコ屋の上役と闇取引をしてるのが発覚しました。

もちろんこういった不正はこの業界だけに限った話では
ありませんが通勤時間往復4H、12H働いても6,000円という
薄給でもまじめに働けば昇給すると信じ腐らずがんばったのに

こいつらだけが甘い汁を吸っていたのか・・
と落胆したのは忘れられません。

ちなみにその警備会社の上役は発覚後退社し独立、
パチンコ屋の上役は解雇されました。

そして驚くことにそのパチンコ屋は担当者が変わった後、
その独立した警備会社と契約したのです。

ほんとにパチンコ屋の人間は何を考えてるのか・・・

そして私はそのパチンコ屋ではない会社へと入社しましたが、
以前拝見させていただいた他のパチンコ屋の
マネージャーをされていた方と同じ環境でした。

入社して間もない自分からお金を借り返さない、
また借りようする(もちろんパチンコに消費です)

結果無断欠勤し退社はザラで他人のロッカーから盗み
警察を呼ばれたこともありました。

その他にも店長が近隣の系列店へ打ちコを雇って派遣させる、
社内ではメダルを不正に客に渡す人間もいる・・・

本当にもう人格崩壊しそうです。

かと言って福島在住の私にとってもう仕事があるのか
不安な状況です。6月までには転職したいと考えてます。

ーーーハンドルネームーーパチンコ従業員様よりの情報提供ー


私もこういった事例を実際に何件も知っています。
これがパチンコ店の真実の姿です。

こういったパチンコ業界の生の声がパチンコで苦しんでいる人を救います。現在でもパチンコ店で働いている方がいれば情報をお待ちしております。

また貴重な情報をいただきましたパチンコ従業員様に感謝いたします。



今回もパチンコ店のスタッフに向けてのメッセージです。

パチンコ店員の健康事情についてです。
パチンコ店のスタッフにも職業病があります。

代表的なものでパチンコ店のホールでいると
耳が聞こえづらくなります。いわゆる難聴です。

誰しもがパチンコを終わって店に出たら
一時的に耳の調子が悪くなった経験があるはずです。
大音量の中でいるため感覚が麻痺してしまうのです。

これが長基幹に渡って繰り返されると難聴になります。
内耳の感覚器、聴覚器が損傷して引き起こされるのです。

はじめは4000ヘルツぐらいの音から聞こえなくなるのですが
普通の会話では500Hzから2000Hz帯しか使わないため
自覚症状が少なくある程度進行しないとわかりません。

この難聴の恐ろしいところは治らないことです。
神経がやられるのではなく、耳の中になる繊細な感覚器が破損してしまいます。
これが壊れたら手術をしても元通りにするのは難しいのです。

何の対策もナシに、大音量のホールでずっと働いていると
仕事を止めた後でも耳が聞こえずらいままになってしまう可能性があるのです。


次ぎの職業病として腰痛があります。

これは玉箱の積み下ろしが原因となります。
スクワットのようにして下半身を利用して持ち上げるのではなく
上体の力だけで持ち上げているため腰に負担がかかり発病します。
酷いときにはギックリ腰です。これも代表的な職業病です。

そのまま放置しておくと腰痛が原因となり
だんだんと姿勢が前かがみになり、猫背になって歩くようになります。

そうなると体、すべてのバランスがくずれてしまい、
慢性的な肩凝りも併発するようになるのです。

腰痛持ちは血行不良にも繋がり、全身の怠さにも関係してきます。

最後に、職業病ではありませんが生命に関わる問題として
肺機能低下と血管収縮があり、これが一番悪影響を及ぼします。

要はタバコの煙です。パチンコ店は煙が常に蔓延しています。
大量の副流煙を吸っている状態で
毎日8時間もいれば体がおかしくなって当然です。

いくら換気が良くなったからといって
日常生活で受ける副流煙と比べると雲泥の差です。

副流煙は肺ガンのリスクファクターになるだけでなく
全身の血管を縮小させてしまいます。


そうすると抹消にある毛細血管を閉じさせてしまう弊害があり
肌が衰えていきます。そうなると見た目の老けるのも早くなります。

パチンコ店のホールで働くということは老いを進めながら
少しづつ命を削りながら働くということです。


私は現場で何十人もの職業病に苦しむ人を見てきました。
そうならないためにも健康に気を使ってください。

少しばかりの給料のためだけに自分の身体を悪環境の中に置いていれば
後悔すると言うことを知って欲しいのです。

最後にこれを読んでいる皆さんに知って欲しいこととして
難聴や副流煙は客側も同じということです。

大金を払って健康を損ないにいくということをしてはなりません。

パチンコというギャンブルが一瞬の快楽を与える代償として
金銭的なものだけでなく、健康をも蝕んでいくのです。





◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP
サクラとギャンブル依存症はマスコミのタブー
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


食べログランキングでやらせ問題が発覚しましたが、
それよりもパチンコのサクラの方がもっと大事な問題ではないでしょうか。

食べログのやらせに関して民放はこぞって伝えていますが、
パチンコの問題に関してはどうでしょうか?

あれほど騒いだパチンコ店放火殺人事件に関しても
その店が不正をして逮捕されたという事実を一体どれくらいの人が
知っているのでしょうか。ネット上でも一部に限られていると感じます。

不正をしていた店側に責任があったのではないかという
問題提起などニュース番組としてあるべき姿がまったくありません。

それだけに留まらず、年末におこったパチンコ店での自殺や
毎年上位に上がる脱税の現状など

パチンコにとって知られてはこまるような情報に対しては
まったく触ってはいない
ではないですか。

脱税しかり、不正しかり、遠隔しかり、
報道に携わる以前に、人として食べログのやらせ以上に
伝えなければいけないことがあるのではないでしょうか。

もっと私がメディアに伝えて欲しい情報に
ギャンブル依存は他人を巻き込むということがあります。

本人よりも酷い家族の被害を取り上げて欲しいのです。

家族以外ももちろんありますが、
私にくる相談では圧倒的に身内の相談が群を抜いています。

嫁がパチンコに遊び呆けて家事をしないという家庭崩壊
母親が子供を見ない育児放棄

それだけではありません。実質な被害として知らない間に
貯金を崩された、保険を解約されていた、
勝手に名前を使われ借金をされていた
そういったことは日常茶飯事なのです。

父親がパチンコでの借金の為に会社の金を
横領していたのが発覚して逮捕、その娘は大学を中退しなければ
いけない状況になった。

父親が帰ってくるのが恐くなっている子供の母親からの相談では
パチンコで負けるたびに行われる父親の虐待など
例をあげれば枚挙にいとまがありません。

こういったギャンブル依存症が招く悲劇を
伝えないでなにが報道でしょうか?

そもそもパチンコがどうのこうのと言う前に
招く結果として様々な被害を作り出している
のです。

営業中に何度も店の中で自殺が起こるような
産業などのさばらせておいてはいけません。

殺人産業とまではいいませんが
人を堕落させる産業には間違いないのです。

パチンコが歩んできた歴史と
引き起こしてきた事件を知れば真実は分かります。
それを伝えるのがマスコミです。



都合の悪い情報は報道しない、これが日本のマスコミの実態です。
サクラの存在、ましてやギャンブル依存症の
存在を伝えてはいけないのです。

自分たちの保身のために報道魂などは存在していません。
自分たちにとって弱いものに対してだけ都合の良い報道をする。

やっていることが食べログのやらせと一緒です。
マスコミにはタブーが存在するということ
それだけは知っておいてください。




以前ご紹介した無料レポートをメールアドレスの登録なしで
閲覧できるようにいたしました。

コチラのサイトから『パチンコ店の真実』という無料書籍をご覧ください。


電子書籍のパブー↓
http://p.booklog.jp/

2月下旬にこのサイトから『パチンコを止めるために読む本』を販売します。
その際の執筆の参考にさせていただきたいと思いますので、
読まれた方はご意見などをいただけましたら幸いです。


◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP
パチンコ店放火のキッカケはパチンコ店にあった!
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑



21年の7月に大阪市此花区であったパチンコ放火で
客を含め従業員など15人が死傷した事件を覚えていますか?

この犯人は一方的な加害者ではなく
パチンコ店に依存症にさせられた上の犯行であり
彼も被害者だったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パチンコ台の当たりが出る確率を自由に操作できるように
不正改造して営業したとして、大阪府警保安課と此花署が、
大阪市此花区四貫島のパチンコ店「Ciao(チャオ)
(旧crossニコニコ)」
など系列3店を風営法違反(遊技機の無承認変更)容疑で家宅捜索し、

経営者の中尾広志容疑者(50)=同区四貫島=ら幹部2人を
同容疑で逮捕していたことが20日、捜査関係者への取材でわかった。

同店は、2年前に発生した客ら15人が死傷した放火殺人事件の被害店舗。
府警は中尾容疑者らが収益を上げるため、
客数などに応じて当たりの確率を変えて営業していたとみて調べている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー産経ニュースからの転載

この店こそが放火があったパチンコ店なのです。

放火や殺人は許される訳がありません。
この犯人は復讐する方法を間違ってしまったのです。
しかし、その元凶を作っていたのはパチンコ店だったのです。

法律を破り自己の収益の為に様々な被害を撒き散らすことが
容易にできるパチンコという仕組みを変えなければいけません。


現在でも、パチンコ店はあらゆる市町村で堂々と営業しています。


気になる機種が設置されたからと
気になっている人たちがいるかもしれませんが

絶対に近寄らないで下さい。
特に今は、どこのパチンコ店も正月営業という回収モードです。

無料レポートの営業のノウハウなどにも書いてありますが
相手の立場を知ればどのような営業をしているのかわかります。

自店の常連依存客にならないような客には出玉を出しても仕方がないのです。
そして、ボーナス後の懐が暖かい、いくらでも突っ込んでくる時期が
パチンコ店にとって、もっともおいしい時期なのです。


正月は禁パチのチャンスです。


客観的な視点を取り入れて、最低でも正月明け15日までは
とにかく近寄らないことをアドバイスいたします。

そして、パチンコに行かないことにより体調も良くなり、
お金が残ることに気がついてください。

素晴らしい一年の始まりを
わざわざストレスを受けるようなことに使わないでください。



朗報です!パチンコの問題が先日27日
NHKの真相ファイルという番組で取り上げられました。

※現在動画を探しています。
 見つけることができましたら、あらためて告知させていただきます。


しかし、まだまだ問題の大きさとニュース性が比例していません。

日本最大の問題『パチンコ』をマスコミはタブー視しています。
特に民放のテレビ局などは逆にパチンコを推奨しています。

CM、偏向報道のみならず違法性、事件性の高いパチンコを
娯楽としたパチンコ番組まで放映しています。

テレビでははニュースにもならない。真実が沢山あります。
私はこの事実を一人でも多くの人に知って欲しい。

そのためにも、皆さんのお力を貸してください。
パチンコの真実を広めて行きましょう。

私のブログは転載可です。許可はいりません。
共感を得た記事がありましたらパチンコ撲滅のためにご利用ください。



◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。