パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチプロを目指すその前に3
マスコミでは報道されない現場での出来事です。

パチンコをしていると、のめり込みすぎて時間のたつのも忘れてしまい
周囲を観察する余裕なんてなくなりますが、

パチンコを打つとき少し周りの人間を観察してみてください
もしかしたら何か気づくことができるかもしれません。


あなたのいるホールでは、いろんなドラマ、悲劇がおこっています。

実際にあったパチンコが原因で人生を棒に振ってしまった人のお話です。

スロットの規制がかかる前の吉宗、北斗が出た当初のころの話になります。

Kさんは30代の公務員でした。休日のたびによく店に通ってくれたのですが
とても人柄がよく、仕事もバリバリこなしそうな笑顔が光る好青年でした


はじめのころは良く覚えていないのですが
気がつけば週に2~3回仕事帰りに打ちにくるようになっていました。

いつかKさんは、ある日を境にほぼ毎日店に通うようになりました。
その原因は2時間で10万の大金を手に入れてしまったからです。


パチンコへの、のめりこみの原因
自分の価値観を超えるお金を短時間で
楽に手に入れることができることを体験してしまったのです。


その当時ゾーン狙いという知識さえ知っていればハイエナ打法で
容易に大金を稼ぐことができる時でした。


2ヶ月ほど吉宗で50万越えの大勝ちが続きました。トータル100万です。
月収はいくらか知りませんが、あきらかに給料より多い金額
楽に稼ぐようになっていました。

Kさんは性格も変わり、店の常連やいろいろな客とも
顔見知りになっていました。
そして、かなり羽振りのいい生活をしているみたいでした。


いままでは平日は仕事が終ってからしか来店しなかったのが
毎日朝から晩まで店にいりびたるようになっていました。

Kさんは仕事をするのがバカらしくなり、仕事を辞めて
スロットだけで食べていくという人生を選んだのです。


不運というべきか、仕事を辞めると同時に勝つことができずに
負ける回数がドンドン増えKさんの顔から笑顔がなくなっていました。

吉宗や北斗などを好んで打ち、始めの頃は勝っていたのですが、
ゾーン狙いのその知識もパチスロ情報誌に掲載され皆が知る情報となり
使えなくなりました。


その時期から転落の人生をKさんは歩んでいきました
コンスタントに月30万以上は負けてあっという間に多重債務へと転がり落ちました。

Kさんが堕落していった原因は

安定した仕事を捨ててしまったこと

パチンコで借金を払う行為にでてしまった。

そしてパチンコの仕組みを知らなかったことです。



Kさんはその後、ホールで知り合った暴力団の人と付き合うようになり
ほとんど店にはこなくなりました。


それから半年たった時、地方新聞の記事で恐喝罪で逮捕と
名前が載っていることが従業員から知らされました。


期待される公務員から暴力団、そして犯罪者へ・・
パチンコが原因で失ったものは数知れず。


ホールではいろんな転落人生が毎日おきています、
それでもあなたはパチンコをするのでしょうか?





-------------------------------------------------

公務員が借金をかかえて、転職先がホールで知り合った暴力団
というのはよくある話だそうです。

なぜならパチンコ店のターゲットとして公務員がいます
ホワイトカラーはブルーカラーに比べると

残業もなくボーナスもあり、時間とお金を持っているからです。
給料日やボーナス時期を基準にイベントを決めることもあります。

公務員の皆さん、あなたの財布の中身は狙われています

そしてそれは危険だということです。
病的賭博という依存症になりやすい人に公務員という職業があります。

公務員の皆様お気をつけください。




FC2 Blog Ranking

メルマガ登録



スポンサーサイト
▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。