パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコ店には菌が蔓延
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ




インフルエンザが猛烈に流行していますが
みなさまは大丈夫でしょうか?

この時期は特にパチンコ店に近寄らないようにしてください。
何故ならば病気をもらってしまうからです。

空気が乾燥をして風邪やインフルエンザになりやすくなっています。

風邪やインフルエンザなどの飛沫感染をする
病気には特に気を付けなければいけません。

実はパチンコ店では病気の人が結構多いのです。

パチンカーの方は風邪やインフルエンザで会社や学校を休んでも
家で大人しくしていません。

病状が少しでも軽くなればパチンコ店に足を運ぶのです。

特にインフルエンザは医師から診断されると
出社、出席が強制的に出来なくなります。
しかし、インフルエンザでもパチンコは打てます。

病人は時間を弄んでしまうので
ついフラフラと足を運んでしまうのです。

強者では高熱を出したままパチンコを打つ客までいます。

自分の体などお構いなしです。他人の迷惑など考えていません。
どんなに熱があっても真っ赤な顔をして咳をしながら打ってます。

そんな状態だからこそ菌が蔓延しているのです。
この時期にパチンコをするのは病気を貰いに行くようなものです。

どうしても、パチンコ店にいくのならば
最低でもマスクは必ずしてください。
パチンコ店では菌が飛びまくっているのです。

また、パチンコ店員が風邪やインフルエンザで休むことは
しょっちゅうです。客から菌をもらっているのです。

特にこの時期、管理職はスタッフの出勤調整で
胃が痛くなります。

パチンコ店ではインフルエンザ流行がワンテンポ遅れてくるのは
こういった理由があるからです。

これは現場を知らなければ分かりませんよね。

パチンコ店は売上しか見ていませんから
病気に気を付けてくださいなんかの忠告などしませんよ。

病人だろうが病気が移ろうがようは儲ければいいのですから。





以下は皆さんに知っていてもらいたい事故であり警告です。

パチンコ店で負けて車の運転が粗暴になったことが引き金となりました。


---------------------------------------
私はとんでもない事をしてしまいました。


パチンコ駐車場から出るときに小学生を引いてしまったのです。

その時の私はパチンコで負けて、とてもイライラしていました。
いくら投資をしても一度も当たりを引くことが出来ず
頭に血がのぼり、台を殴ろうかと思ったぐらい負けていました。

事故を起こしたのはその帰りです。
普段はしないような急発進の運転をしてスピードも出しすぎていました。

駐車場から車道に繋がる道を通るときに
自転車にのった小学生が飛び出してきたのです。

ブレーキを踏んでも止まることは出来ずに跳ね飛ばしてしまいました。
相手の命は助かったのですが大きな後遺症が残る結果です。

その後、見舞いに行きましたが小学生の親から殺したいほど憎んでいる
息子の人生を奪ったお前を死ぬほど恨んでいると何度も怒鳴られました。

出来ることなら事故前に戻りたいです。
でも、もう戻ることはできません。

パチンコで負けて運転が荒くなっていた
そんな理由で小学生の未来を奪ってしまいました。

今思い返せばあんなくだらないものをしていたのか
悔やんでも悔やみきれません。

私のような事故を二度と起こさないように
私がしてしまったことをパチンコをする人たちに
お知らせください。

本当にごめんなさい。


---------------------------------------


とある方からの警告でした。

パチンコは周囲を巻き込む危険性があり、
加害者にもなり、被害者にもなるということです。


この方の気持ちをいただき、安全に車を運転してください。

そして、パチンコという日本の未来を堕落させていくようなものを
無くしていきましょう。

パチンコは悲劇しか起こしません。





拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。