パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
『パチンコ業界の今後』
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


パチンコ業界の今後について


いったいパチンコ業界はこのままでどうなるのでしょうか?
私的見解を書かしてもらいます。

●風営法、法改正の問題

●社会批判 パチンコバッシング

●パチンコ種銭問題

●マーケットの移行


1、風営法、法改正の問題

パチンコは違法です。三店方式の換金はいつまでも続かせてはいけません。
さらなる法規制がされるでしょう。また私は、法規制されるべく動いていきます。


2.社会批判、パチンコバッシング
メディアによる偏向報道がインターネットを通じて嘘がバレてしまっている

パチンコ業界だけが優遇されて、
許してはいけない現場が一般レベルまで知れ渡るようになりました。

多くの方が偏向されたフィルターを通さず正確な情報を得られ、
パチンコによってもたらされることの悲劇も伝わるようになり

業界は今後さらに社会批判されることでしょう。

今まで散々騙し続けていたことのツケが回ってくるでしょう。

消費者は賢くなっています。


3.パチンコ種銭問題


2010年には総量規制として

「借主の年間所得の3分の1を上限とする貸し出し限度を超えて貸付をおこなってはならない」

との法規制がしかれました。

これによって年収の3分の1までしか借金できなくなり
パチンコするための借金ができなくなり売上げが激減します。

短期的にみれば、借金の自転車返済を繰り返してきた人が借り入れできなくなり
自殺、犯罪の増加、闇金の利用などが懸念されていますが

長い目でみれば安易な借金や分限を越えた借り入れに対して国が規制することで
よりよい社会になると思っています。

本人は自分たちで判断できない状態にいるのですから。

ただ種銭の内訳が借り入れの半分以上をしめるパチンコ業界にとっては死活問題でしょう。

間違いなく業界自体が弱体化して利益を確保するため、とれるところからとろうとします。
パチンコを早期にやめなければ損をするのはパチンコに熱中している人です。
今後はさらに負けやすくなっていきます。やればやるほど損をするそんな状況がまっています。


4.マーケットの移行

ズバリ!パチンコ業界の今後は『高齢者』を狙うです!

間違いなく今後は団塊世代の退職金、年金を狙った営業方式に変わってくるでしょう・
生き残りをかけて余裕のあるお金と有り余る時間を狙うのは企業として当然です。

借り入れ規制法が成立してからお金を調達できなくなった
世間しらずの若い世代をターゲットにしても意味がありません。

借金もできなくなった『お金のない貧乏人』に用はありません。

某大手パチンコ店は何年も前からターゲットをシニアに設定して営業しています。
店づくりからイベントなどの方向性、営業方針など数年前に比べてあきらかに変わってきています。

今後はあなたの親が危ないかもしれません。
父親や母親がパチンコ店で搾取されるのをあなたは嬉しく感じますか?

定年後ギャンブルが原因で家や土地を手放して相談にこられる方もいます。
あなた自身の問題でなく家族の問題としても今後関わってくる可能性もあります。

家族の少しの変化でもお気をつけください


●パチンコ業界の今後

相変わらずテレビをつけるとCMはパチンコばっかりでうんざりですが、
少しずつですが良識ある企業が増えています。

サッカーやボクシングなどのスポンサーに多くのパチンコ関連企業が絡んでいますが
Jリーグは、ユニホームの胸スポンサー名の業種についても協議し、現行通りアルコール類や、パチンコ店業者は自粛する方針を確認しています。

法律違反から社会批判、売上低下など、様々な悪要素を含んだパチンコ業界

パチンコに足を運ぶ人はそろそろ玉やメダルと縁を切りませんか?
またパチンコ業界で働いている人は転職を考えてみてください。


あなた達の幸せな人生にギャンブルは必要ありません!



   メルマガ登録

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村
拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。


スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。