パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ギャンブルを適正化しよう!
ギャンブルを適正化しよう


私はギャンブル依存症カウンセラーとして活動をして


少しでも犯罪につながる賭博行為を無くし

自殺者の原因でもある多重債務を減らし

多くの人を巻き込むギャンブル依存がなくなり

辛く悲しい家庭崩壊をなくしたいと考えています。


そのためにもギャンブル業界の健全化が早期に必要です。


しかし、ギャンブルを取り巻く現在の環境は
残念ながら異常すぎます。

利権や不正、暴力がはびこり、一部の贅沢人が潤い
社会的弱者と未来ある若者が賭博漬けに・・・。


都合の良い耳障りのいい一方的な情報ばかり垂れ流しで
正しい意見が消されています。。


多くの人はこの異常性に我関せずと知らないフリや
異常性に慣れてしまったり妥協したりしているのが現実です。



皆さんは

ギャンブル依存症の家庭で育った子供を見たことはありますか?

相談者が失踪したり、自殺未遂を図ったりしたことは?

義憤しないではいられない状況なのです。

これらの問題が報道もされず放置され続けているのです。


ギャンブル擁護の行政

パチンコ業界に対してゴマすりをしているマスコミ

違法賭博行為の黙認、様々な悲惨な状況の黙殺・・・

道徳心やモラル、人の道など欠片もありません。

情報操作や誇張した宣伝


原因はハッキリとしています。

しかし、これらを改善しようとしても

ギャンブル業界では利権があまりにも多く
抵抗勢力が大きすぎます。

力(金)こそが正義です。

その結果、正しい情報を知ることさえ難しくなっています。



●ギャンブルを適正化、健全化すればどうなるのか

まずメリットとして

犯罪行為の減少

自殺者、多重債務の減少

依存者の精神的安定と家族の喜び

ギャンブルが犯罪の温床、自殺者の要因になっていることは明らかです。



またギャンブル適正化した場合の社会的メリットは


●まず経済的な視点で見てみますと

日本全体の経済効果が低迷するということはなく

ギャンブルを適正化したら、生産性と消費が伸び経済は活性化します。

時間消費型ビジネスや他レジャー産業全体などの活性化と生産性の向上が見込まれます。

具体的には行き過ぎているパチンコが適正化されることにより

旅行、スポーツ、ショッピング、ボウリングや映画などの産業が間違いなく潤います。
さらに仕事や学業にも集中することができ生産性は格段と上がります。

政府も、経団連も分かっていながら何故か動きません。


韓国ではパチンコが法律で禁止されました。

詳しくは以前メルマガで発行させてもらっていますので一読ください。

韓国ではパチンコ店が無くなって依存者が回復し真面目に働くようになって

家庭に笑顔が戻ったといわれています。


日本でも国民が動けばギャンブルを健全化することは可能なのです。



●ギャンブル被害をなくすためにはどうすればいいのか


上記の現状を改善するために私が皆さんに訴えたいことは

まずギャンブルの適正化です。

多くの意見ではパチンコを廃止や

特殊景品買い取り禁止などの考えもありますが

関連従業員数が30万人を超えるパチンコ業界を筆頭にギャンブルを無くすことは

現実的に抵抗が強く非常に難しいと感じます。


しかし、ギャンブルの被害を少しでも少なくするためには

行動しなければなりません。


そのためにもまず、ギャンブルの適正化に取り組まなければいけません。

この適正化には、より現実的で具体的な方策が必要です。

ほとんどの問題を解決するには2点だけ実行すればよいのです。



1つ目は『ギャンブル承認制、ギャンブルカードの発行』


2つ目は『学校教育でギャンブルと金銭の教育をする。』


上記の二つの実行はなんら難しいことではありません。

すでに他では実行されていることをギャンブルに置き換えるだけです。

道徳的にも法律的にもモラル的にも当たり前のことです。


一つ目

『ギャンブル承認制、ギャンブルカードの発行』

まず根っこの問題はギャンブルをしてはいけない人が
ギャンブルをしているのが問題なのです。

ギャンブルをしたい人は申請制にします。
ギャンブル業界はこのカードがなければ遊戯や購入できないようにします。


まず、ギャンブルをしてはいけない人とは誰なのでしょうか

・学生
・未成年
・生活保護受給者
・不法滞在、密入国の外国人
・税金未納者
・犯罪を犯して3年未満
・無担保ローンが50万以内

さらにもう一歩突っ込むと

・破産者
・無職
・年収制限 低所得者

できるのであれば全て条件として行きたいですが、抵抗が強まるでしょうね。


この『ギャンブルカード』によってもたらされるメリット


●学生 学業に専念することができます。これによって離れて暮らす親御さんも安心できます。

●未成年 法律で禁止されていますが、現実は確認手段がないため黙認してます。

●生活保護受給者 税金でパチンコしている人が多すぎます。その現実も隠されています。

●不法滞在、密入国の外国人 捕まっても何も失うものがありません。驚異の存在です。何するかわかりません。

●税金未納者 税金も払っていないのに賭博をさせるわけにはいけません。

●犯罪を犯して3年未満 犯罪者に賭博をさせると再犯にも繋がります。また、犯罪抑止効果もあります。

●無担保ローン 借金してまでギャンブルをするのを止めるには強制力が必要です。

○破産した人 ギャンブルなんかしている場合ではないでしょう。

○無職 仕事をしてください

○年収制限 そもそもギャンブルは金持ちの暇つぶしです。貧乏人はしてはいけません。どうしてもしたいのなら年収をあげてください年収500万ほど?

※現実的に提案したいのは無担保ローンまでの方です。


ギャンブルカード発行のギャンブル場側のメリットとして

●不正客の排除

●店内犯罪率の低下

●モラルの向上

●業界の社会的イメージの改善

●未成年参加問題の解決

業界が日々取り組んでいることばかりです。

他にも社会的メリットとして

●犯罪率の低下

●生産性の向上

●自殺者の低下があげられます。


もちろんこの『ギャンブルカード』の参考はタバコのTASPOです。

先行事例があるため実現するにはそんなに難しいことではありません。

ギャンブルしてはいけない人にさせないこと。

ギャンブル業界から社会的弱者と未成年を排除するためには

それには強制力が必要です。そしてそのためには法規制も必要です。


2つ目

『学校教育でギャンブルと金銭の教育をすること』


学校教育でギャンブルの恐ろしさと金銭的な勉強を盛り込むことです。

まずギャンブルの恐ろしさは

法律で賭博が禁止されているからこそ賭博の恐ろしさを教えなければいけません。

また身近に賭博施設がある日本だからこそしっかりとした教育が必要なのです。

ギャンブル場で小学生が走り回る姿なんか他国では想像もできません。

賭博がなぜ法律で禁止されているのか?

賭博にのめり込んだ場合どうなってしまうのか?

このような教育が絶対的に必要です。


次にもうひとつ金銭の教育です。

日本では特にお金に対する教育がなされていません。

100万借りるといくら返済しなければならないのかなど知りません。
金利は、複利は、法定金利は?などなど・・・

何も知らないから消費者金融やヤミ金に抵抗もなく借りてしまい
知らず知らずのうちに債務者になってしまっています。

その結果幸せになるべき人たちが幸せを手に入れていません

社会に出て安易に借金を作ってしまったせいで
何十年も返済のために働いてきた人が沢山います。

育ってきた環境の中にすでにギャンブルが
身近にあるものとして受け入れられてしまっています。

それに対する対策は教育しかありえません。


私たちはギャンブルとお金多重債務などの問題から
逃げずにしっかりと教育をするが必要です。



最後に、この適正化活動は社会的弱者を守り
ギャンブル業界を潰すものではなくギャンブルを健全化するのが目的です。


私はカウンセリング活動を通じて

少しでも多くの人に苦しんでいる現実を知ってもらい
依存者の悩みと、またそれに巻き込まれる家族や恋人の救済の声を
広めたいと活動しています。

このギャンブルの不条理に共感された方は

ぜひこの適切化活動に参加、拡散よろしくお願いします。





  ギャンブル依存症カウンセラー   山下 實
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。