パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
店側がシッカリ儲けてる1パチ5スロ。その①
最近どのホールでも見るようになった低貸遊技ですが

その1パチ5スロの真相を教えます!

店側がシッカリ儲けてる
それが1パチ5スロ!


通常パチンコは1玉4円とスロットは1枚20円

での貸出しなのですが、

単価を低く4分の1の1玉1円と1枚5円という

貸玉料金での営業のことを低貸遊技と言います。


1000円で250玉借りれるのが1000円で1000玉に

1000円50枚が4倍の200枚で賭博ができるようになります  



店側が低貸を導入する理由は、

最近ぱちんこ業界全体的に客離れがひどく

加えて不景気も重なり、お客さん自体がお金がなくなり

今までどおりの営業をしても収益があがらないので

少しでも利益を上げるため

営業戦略的に営業方針を変えてきたからです。



なぜなら、儲かっているのに単価を下げる店は絶対にありま

せん。営業が厳しくなったり、競合店との絡みで

低貸に顧客が流れてしまい

利益がとれなくなる可能性があるので

苦肉の策としての導入なのです。



もちろん店の都合のいい言い訳

『財布の中身を気にせずもっと遊びやすくなりましたです。』

そんな訳がありません。


低貸遊戯を導入すればいろいろな営業戦略が展開できます。


低貸でも利益を求める

単純に単価を下げると売り上げも4分の1に下がります。

でもそのまま収益も4分の1に下げると

一ヶ月で1000万儲かっていた店が250万しか

儲からない計算になります。

普通に考えて維持費にもなりません。店が潰れてしまいます。

交換率を調整し設定も低くして、長く遊べるようになったぶんだけ

返しを少なくしています。ゲームセンター感覚で負けても当たり前

と思ってもらえるような営業ができれば導入成功です。


低貸は客引きと割り切る

単純に客が多いだけで、稼動マジックが発動し

パチンコ店は活気のあるように演出できます。

たとえばワンコーナーだけ低貸コーナーを設置して

低貸コーナー調整をかなり甘くして客を呼び、

その相乗効果で4パチ20スロで儲ける手口です。

たいてい低貸で勝ったお客さんは4パチ20スロで負けてます。


よくある光景なのです↓

『1パチで3000円勝っても、その勝ち分だけ4パチに手を出して

ちょっとだけの遊びから頭に血がのぼってしまい、

最低でも負けを取り戻そうとして気がつけば1万円まけていた。』



すべて店側は計算づくで1パチ5スロを甘く設定しています。

甘調整で客集めや、ガン抜きなど組み合わせて

低貸遊技を戦略的に使ってきますのでお気をつけください。

『あなたは遊びのつもりでも、店側は生活がかかっています』


まとめ↓


『低貸料金導入は苦肉の策で利益を上げるためです。』

店側から提供されるサービスはイベントも広告も無料コーヒーも

『店側が儲かるからしてるだけ』


禁パチ拡大に力を貸してください。
FC2 Blog Ranking

メルマガ登録
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。