パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
菅直人首相パチンコ役員からの献金発覚

首相がパチンコ店の役員から献金を受け取っていました。

道義的なことを問題にするよりも違法行為です。


-ニュース詳細-----------------------------------------------------

菅首相に違法献金の疑い 在日韓国人から 首相側未回答

菅直人首相の資金管理団体が、2006年と09年に、
在日韓国人系金融機関の元理事から計104万円の献金を受けていたことが、
朝日新聞の調べでわかった。

元理事の親族や複数の関係者は元理事について在日韓国人と説明している。
政治資金規正法は外国人からの寄付を禁じている。

複数の関係者を通じて10日夜に首相側にコメントを求めたが、
11日午前1時現在、回答はない。
元理事には経営する会社を通じて取材を申し入れたが連絡はない。

献金を受けていたのは菅首相の資金管理団体「草志会」
同団体の政治資金収支報告書によると、
旧横浜商銀信用組合の元理事の横浜市内の男性
から民主党代表代行だった06年9月に100万円、
09年3月に2万円、同8月に1万円、

政権交代後の副総理兼国家戦略担当相だった
同11月に1万円の計104万円の献金を受け取っていた。

いずれも、献金者名の欄には「通名」である日本名が記載され、
職業は「会社役員」とされている。

この男性は07年6月まで旧横浜商銀信組の非常勤理事を長年務めた。
商業登記簿などによると、
東京都内のパチンコ店などを経営する会社の代表取締役を務めている。

朝日新聞の取材に、複数の商銀関係者や親族は、元理事が韓国籍だと話している。

政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を未然に防ぐため、
外国人の政治献金を禁じている。故意や重い過失があった場合は、
3年以下の禁錮か50万円以下の罰金の罰則がある。

-------------------------------------------------朝日新聞----

100万なんてパチンコ業界からしたらハシタ金です。

金額うんぬんよりも法を犯した行為ということが問題です。


外国人からの献金をめぐっては、
ついこないだも前原誠司前外相が
在日韓国人女性から献金を受けて外相を辞任しました。


法治国家の日本では悪法でも法は法。

大勢の市民の方が納得できずとも法に従って生きています。


総理はどうする気でしょうか

そして、日本はこのままで大丈夫でしょうか・・・。
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。