パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
身内経営のパチンコ店では絶対打つな
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


身内経営とは社長との血縁者で固められているパチンコ店です。
専務や幹部が親戚や従兄弟、更には同族などを指します。

こういった会社は一部の人間にしか情報が流れないよう規制されており、
不正やり放題の環境が作りやすく、不正している可能性が非常に高いです。

多くの方の店選びのポイントはたったひとつ、還元率です。

還元率にはグレーゾーンがあるといいました。
そのグレーゾーンが高いのが身内経営のパチンコ店です。

単純に悪さがしやすいということ、裏金を作りやすいことです。

帳簿上では一見して還元しているように見せかけて、
それは身内に流していたり、ゴトをされていたり、
本当の一般客への還元は低いのがパチンコ業界です。

パチンコ経営は多店舗経営よりも3店ほど経営するのが一番儲かると言われ、
昔から中小クラスの店が多く積極的にチェーン展開しませんでした。

余談ですが、パチンコにたずさわっている人は、
家を建てるときは税務署に気をつけろと言われます。

裏金調査という単純な理由からです。もちろん対策を教えてもらえます。
多少のおみあげを持たせたら話はまとまるみたいです。

昔はパチンコ店の店長や幹部は全部血のつながった血縁者でした。
家族ぐるみなので情報が絶対にもれることなく好きなことができていました。

今もそういった店が多いですが・・。

経営者またはその家族がトップにたって不正を指揮できるのは
9店舗が限界でそれ以上になると身内での不正がやりにくくなります。

どうしてもチェーン展開すると自分の目がとどかなくなり
裏金が製造できる割合が減り、バレるリスクが高まってしまうので
積極的に展開してこようとしませんでした。

また、ゴトの被害金は年間500億ともいわれていますが

中小クラスの店舗ではゴトされた被害金は
一般客の還元率に直接かかわってくるので一般客がババをひきます。

透明化された店舗運営にならないかぎり
そんなパチンコ店で打つ方が悪いのです。

こういった身内経営の会社は極端に還元率が低い可能性が大です。
一部の人間が旨みを吸う、まさにパチンコ業界の縮図です。

どうしてもパチンコが止められないなら
身内がトップを占める、そんな店だけは選ばないようにしてください。



ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。