パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
ギャンブル反対は命がけ・・・。
フィリピンで、ギャンブル反対の姿勢を強く打ち出している
ジョセフ・サリバ牧師(42=バプテスト派)が2010年10月13日昼、
マニラのケゾン地区を自動車で走行中、ガンマンに射殺された。
犯人が平然とオートバイで立ち去った、と目撃者が語っている。

サリバ氏は北部パンガシナン州ダグパン市の教会で牧会に当たっていた。
正義、人権擁護の分野や、ギャンブルなど不道徳な犯罪行為への反対活動で知られている。

パンガシナン州は、違法ギャンブルが盛んなところとしては
フィリピンで第2位ということから、超教派でキリスト教会が対応に当たっていた。

参考記事・クリスチャントゥデイ(2010年10月20日)
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。