パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
交換率についてその①
今回は交換率についてです。

まず交換率とは、店がお客に貸しだす貸し玉

店側がお客から買い取る金額との差額の交換比率です。


貸し玉料金と買い取り金額で単価が違うのを知ってください。



貸し玉料金は法律で決まっており

パチンコ1玉4円、スロット1枚20円となっています。


そこからいくら儲けを先に引いて営業するかが店によって違います。


交換率がある理由はモチロン店が儲けやすくするためです。

計算を複雑にしておけば、そのことについて細かく考えないで

店側に有利な営業ができます。逆に計算が出来なければカモになります。


これは店側が儲けを出しやすいためのシステムです。

めちゃくちゃ不公平なんですが何故か受け入れられています。


交換率が低いから遊びやすくなったという文句、

『甘釘や設定をたくさんいれています』という言葉に騙されないように。


たしかに甘い台を何台かは入れてますが基本は

抜ける幅が大きくなる低交換率は店側の儲けが出しやすい営業です。


換金率の一覧です↓

パチンコ
-------------------------------------
1玉単価  100円個数  交換割数
-------------------------------------
   4円 25玉交換  10割

3.57円 28玉交換  11.2割

3.33円 30玉交換  12割

 2・5円 40玉交換  16割
--------------------------------------
※1玉単価=玉1個の金額
※100円個数=100円換金するのに必要な個数
※交換割数=等価を10割としたときの同じ金額になる割数


交換率は100円交換個数で呼ばれるのが一般的になります。


パチンコは交換率で釘の調整が変わってきます。

打ち手は交換率でボーダーラインが変わるので

それさえも計算できないのであれば

大切なお金を貢ぎにいっているみたいなものです。


スロット
-------------------------------------
 1枚単価  100円枚数  割合
-------------------------------------
   20円  5枚交換   10割

18.18円  5・5枚交換 11割

16.66円  6枚交換   12割

 12.5円  8枚交換   16割
--------------------------------------

あなたの店の交換率はいくらでしょうか

打つ前に必ず知っておいてください

無駄な負けをしない人は店の交換率によって勝負の駆け引きを決めています



今回は低貸を除いてます。4倍していただければそれが低貸の交換になります

前回も書かしていただきましたが、ほとんどの店の1パチ5スロはかなりの低交換率の16割で利益をあげています。

そうしなければ店が存続することができないのですから。


パチンコは勝負のところでなく、最初から胴元が勝つように仕組まれている遊びです。
そして遊ぶのには高額な場所代が必要と知っておいてください。





FC2 Blog Ranking

メルマガ登録
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。