パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
石原慎太郎都知事の『パチンコ』発言
 パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


---------------------------------石原都知事発言------------

パチンコは
人間を怠惰にして、人生を狂わせる

繁華街の空き地にパチンコ店が開店することを
誇るべき文明の対応とは言えない

「あんなものが、一つの文明の便宜として街中にあって、
膨大な電力を食っているということは、
本当に文明としての正当な消費なんでしょうか。
私は浪費にすぎないと思います

「一日中チンチンジャラジャラ大きな音楽をかけ、
煌々とネオンサインを灯している。
一つずつの機械も電力を食うわけですが、
しかも、それで食っている人がいるという、
こういう生活様式というものは、
私たちは、反省の対象とすべきなのではないでしょうか」

パチンコ店の経営者には在日韓国・朝鮮人が多いことにも言及。
「その(在日の)一部の人が、
『これは自分の母国の韓国でも流行るだろう』と持って帰ったら、
面白かったんでしょう、たちまち人気になった。
これは人間を怠惰にして、人生を狂わせるということで、
当局が乗り出して、韓国ではパチンコは全廃されました


「1日中、ああいった機械が回って、騒音を立てている。
しかも目抜き場所の再開発が行われると、
真っ先に建つのがパチンコ屋だったら、
これは、あんまり誇るべき文明の対応とは、私は言えないと思います」

-------------------------------------石原発言--------

皆様はこの言葉をどういった風に受け止めますか?

私は石原都知事のことについて人間性や政策を詳しく知らないので
肯定も否定もしません。

しかし、パチンコに対するこのような石原発言を支持します。
彼の考えはパチンコに対しては昔から一貫性があり一ミリもぶれていません。

石原発言は日本の戦後を生き抜き
何が正しいか歴史を伝えてくれる発言だと思っています。

また、石原発言に反する意見を紹介します。
民団新聞より抜粋。

---------------------民団新聞(在日の人むけ新聞)------

「石原出馬」については、外国人を差別・排斥する発言を
繰り返してきた氏の資質を徹底検証しなければならなかった。

石原都知事は、「本音を隠さない実行力のある人物」との
《風評》を裏切って、案の定、不出馬宣言を撤回し、
無難に4選を果たした。東日本大震災の影響で無風となり、
数々の不穏当な発言とそれを発して
平然とする体質に一筋のメスも入れられなかった。

当選後の記者会見ではさっそく、
「こんなものに1000万キロワットも電力を使って」とパチンコ業界をも槍玉に挙げた。
外国人を何かと敵視する石原氏のことだ。

この業界に在日同胞が多数携わってきた経緯があり、
今でもホール経営者の半数近くが在日同胞であることと関連していよう。

すでに各種の自粛および節電対策を講じ、
20億円を超える義援金を拠出する予定のパチンコ業界は、
東京電力管内のホール4000店舗のピーク時の最大使用電力は84万キロワットで
当局が試算する今夏の最大使用電力6000万キロワットの1・4%に過ぎないと反発した。

パチンコ業界は幾多の試練を経て、30万人を雇用する一大産業に成長して久しい。
庶民の娯楽であるだけでなく、ストレス社会の憩いの空間、
無縁社会の触れ合いの場となっており、何よりも日本独特の遊文化として定着した。

石原知事は、カジノ建設構想の熱心な推進者でもある。
「文化は人間のアミューズメントから発する。
カジノは不況の中、雇用や文化、財源の確保に格好の材料」
というのがその弁だった。そうした発想を持つ人物が節電対策に便乗し、
パチンコ業界を狙い打ちにするのは、
在日同胞経済をさらに疲弊させる半面で、
カジノ構想に勢いを付けようとする両睨みのパフォーマンスと見るほかない。

------------------------民団新聞(在日の人むけ新聞)-------

民団新聞は、石原知事の批判だけでなく

『パチンコ業界は幾多の試練を経て、
30万人を雇用する一大産業に成長して久しい。

庶民の娯楽であるだけでなく、
ストレス社会の憩いの空間、
無縁社会の触れ合いの場となっており、

何よりも日本独特の遊文化として定着した。』

などと言っている。これを信じてはいけない。

パチンコ業界は
スパイラル的にストレスを増加させるし、
逆に無縁社会を助長している。

ましてや、日本独特の遊文化ではない。



ほかにも、パチンコ店向け雑誌の対応もおもしろい

PIDEAという本の特集では

「悪魔の生まれ変わり」
「石原よ、お前は金正日か!?」と
反石原特集を組んでいる。

裏を知る元業界関係者ということもあり
このタイトルにはおもわず笑ってしまった。

思想教育を受けた北系の経営者からすれば偉大なる金正日様と
石原都知事を同じにするなど、とんでもなく恐ろしいこと。

パチンコ業界に
媚を売るのか、喧嘩を売っているのか・・・。


なんとも本末転倒なお話になっている。


とにもかくにも石原都知事には
パチンコを適正な娯楽へと導ける人物と期待しています。



ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。