パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
幼児死亡事故と警察の対応
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


先日のパチンコ店駐車場内で幼児が放置され
死亡事件が発生したことは知っていると思いますが

パチンコの幼児死亡事故について
警察の対応に疑問をもったので書かせてさせていただきます。

----------------------------------ニュースより------

パチンコ店駐車場で、車内に放置された子どもが
熱中症などで死亡する事件が絶えないことを受け、

警察庁が業界5団体に対し、車で来店する子連れ客の
駐車場入場を断ることを検討するように要請していたことが3日、分かった。

これまでも駐車場の見回り強化などを要請していたが、
7月25日に石川県で女児(1)が亡くなり、
4年連続となる死亡事件が発生したため、業界に踏み込んだ対応を迫った。

要請は7月27日付。駐車場内の車について、
車内に子どもがいないかどうか点検し、店周辺に託児所がなく、
パチンコをする人以外の保護者がいない場合は、
子連れ客の駐車場への入場そのものを断ることも検討するよう求めた。

--------------------------------------------------

まず警察が検討を要請するといっていますが
いったい何を検討するのか意味が分かりません。

何年も前からパチンコ店は毎時定期的に見回りをしています。

そして『パチンコをする人以外の保護者がいない場合は、
子連れ客の駐車場への入場そのものを断ることも検討するよう』とありますが

パチンコ業界の常識として子連れの入場は禁止しています。

警察はすでに実施されていることを要請していますが
パチンコ業界はこういったことを以前から取り組んでいるのです。


この問題に対して警察はまったく踏み込んでもいなければ
ただ批判逃れの為に取り組む姿勢を見せているだけでしかありません。

具体的な策を提示しなければ何の解決にもなりません。
いまさら何を言っているのかという感じがします。


車内放置事件について私自身が巡回をした経験を語らしてもらうと

巡回をしても車の中の様子など全てはわかりません。

スモークを貼っている車をライトで照らして覗けば
プライバシーの侵害といわれてトラブルになることもありますし

カーテンレールをひいていたり、バンタイプの車など
鍵を開けなければ中や後ろの状況を把握できないのです。

今回の事件も車外からは見えない所で亡くなっていたと報道されていました。
パチンコ店がどれだけ注意をしていても防げない部分があるのです。


また、仮に車内放置事故が無くなったとして考えてみてください。
----------------------------------
2005年9月2日午前10時ごろ、
埼玉県川口市朝日5階建て公団住宅3階304号室の
無職福冨二郎さん(37)方から出火し、約20平方メートルを焼いた。

福冨さんの長男悠巧(ゆうま)君(2つ)と長女真鈴(まりん)ちゃん(1つ)が
病院に運ばれたが、いずれも間もなく死亡した。

調べでは、福冨さん方は4人暮らし。
出火当時、妻の久美子さん(37)とパチンコをしに2人で外出していたという。
玄関には鍵がかかっており、駆け付けた地元消防が玄関を壊して部屋に入った。
悠巧ちゃんら2人は玄関近くの台所に倒れていた。

参考記事・共同通信(2005年9月2日)
---------------------------------

たとえ車内放置事故がなくなっても新しい問題が残るだけで
根本的な問題は何もできないのです。

そろそろ本当に警察が先導となって
パチンコ自体の存在に規制をかけるべきなのです。

ちなみにですが、パチンコ店駐車場の車内に放置されて死亡した子どもは、
2004年以降12人に上り、08年以降は毎年死亡者がいます。

私は来年もまた同じ悲劇が起こる危険性を感じています。
もしかしたら今年中にまたおこるかもしれません。

それがパチンコの恐ろしさなのです。



ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。