パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコ店員にアドバイス
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


元パチンコ店のマネージャーから
前回の『パチンコ店で働くスタッフへ』に対してご意見をいただきました。

より深い事実を教えてくれているので、ご紹介させていただきます。

以下引用-------------------------------

まず、ムダに高い給料、確かにおっしゃるとおりです。
一例ですが、起業するため劣悪労働に耐え、
資金を稼ぐという人は従業員の1%もいないかと思います。
母子家庭で子供を養うためという方もおられましたが、
これも比率としては非常に少ないです。

そして何より、働くスタッフの手元には残っていないケースがほとんどです。
なぜなら、「大概が他のパチンコ店の養分になるため」です。
パチンコが好きで高給で働こうという人間が圧倒的多数のため、
プライベートでもやる人間は多いです。

必然的にスタッフのほとんどは慢性的な金欠及び、
借金を抱えている人間ばかりになります。
私も何度「金貸してくれ」と言われたか覚えておりません。

正社員、アルバイト、一切関係ありません。
私は職場で、アルバイト宛にかかってきた
サラ金の督促電話を代わりに応対したことがあります。

採用した次の日にかかってきたこともございます。
数回かかってきたことがあり、最後のほうはもう慣れました。

私が退職した時は、身体と精神の両方を病んで退職いたしました。
今は物流の会社に勤務しています。
もちろん給料は手取りで当時の6割に落ちてますが、毎日それなりに幸せです。

生活レベルを落とすことは思った以上にうまくいきましたが、
それはあくまで、「パチンコを一切しない」という条件のもとでです。
生活習慣にパチンコが入っていたら、どの仕事をしてもお金が続くわけがありません。

ストレス解消のためにはじめたパチンコが、
逆にストレスを産み出すとなった人は大勢いるはずです。
それが、「仕事ができない」につながるのだと思います。

私はマネージャー時代も休日にパチンコは一切しませんでしたし、
(むしろ手を出した時が退職する時ぐらいの覚悟を持っていました)
メーカーHPや、コンビニでパチンコ雑誌の立ち読みをして必死で知識をつけました。
あとは同じ店の人間と話をして覚える、などです。
それでもダメならゲーセンのメダルパチンコで代用してました。
そして知れば知るほど数万も出して遊ぶに値しないと感じてました。

以上-------------------------------


この内容を読んで、私も同じ経験をしたことがある
というパチンコ店管理者の方は少なくないはずです。

>私も何度「金貸してくれ」と言われたか覚えておりません。
>私は職場で、アルバイト宛にかかってきたサラ金の督促電話

私も嫌というほど経験があります。
前借りなどは当たり前でスタッフ同士での金銭トラブルは日常茶飯事
スタッフがスタッフの財布から現金を抜き取ることさえありました。

頂いた意見のなかには

これほど分かりきっているのに、
まだリスクの高い仕事を続けようとするなら自己責任だ。

パチンコ店員に情を出すな!働いている奴らを気にするな。

潰れてから困ればいい。普段から客を見下しているから当然だ。

などの意見が多く寄せられました。これが一般的な意見だと思います。


こういった事実をしっかりと受け止めてください。

そして、パチンコ業界が今後も続くとは思わないでください。
今後、間違いなく右肩下がりで衰退していきます。

事実、私が以前から主張していたパチンコの適正化を
同じギャンブルのカジノで見事にしようとしている国があります。
※適正化についての詳しい内容は書籍『脱パチンコ』の方に書いております。

シンガポールの話になります。
【借金のある人、自己破産した人、生活保護を受けている人はカジノに入場できません】

このような法案をシンガポールでは国会議員が議会に提出しようとしています。

日本の議員の方々も、訳の分からない国へ海外視察に行くのならば
ぜひシンガポールを選んでどのようにして規制をかけるべきか勉強してきてほしい。

そして、パチンコ店で働くひとは
借金のある人、自己破産した人、生活保護
といった人がパチンコ出来なければ食べていけない

という事実に気がつかなければいけません。


パチンコをしてはいけない人にパチンコをさせてはいけません。
どういった人がパチンコをしてはいけないかは小学生でも分かるはずです。


※元マネージャー様、公開を快く受けてくださりありがとうございました。

補足ですが、この方は誰もが聞いたことのある
大手のパチンコ店で勤められていました。
大手だろうが中小だろうがパチンコ店の内情は変わらないのです。


ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。