パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
マルハンが告発された!?
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑


一番興味のあるニュースをお知らせいたします。

以下転載です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【パチンコ大手「マルハン」、
賭博場開張図利罪で告発→嫌疑不十分で不起訴→検察審査会へ】

告発内容は、パチンコホール発行の特殊景品を巡る換金行為主導性が、刑法第186条第2項の賭博場開張図利罪にあたるというものです。

実は、マルハン代表取締役会長1名を被告発人として、
同年9月28日付けの告発状を京都地検に出しており、

10月から同地検による捜査が始まっていたのですが、
告発内容を補完する必要が生じ、
11月8日付けでマルハン代表取締役の会長、副会長、社長の3名を
被告発人として正式に告発しました。

今回のマルハン告発は、7月5日付けで東京地検特捜部に提出した
告発状文章も取り入れていますので、マルハンだけに限らず、
特殊景品を発行するパチンコホールの共通問題となるのは必定です。

都道府県公安委員会の営業許可を受けたパチンコホールに対し、
特殊景品発行を刑法賭博場開張図利罪として
本格的に捜査するのは過去に例がありません。

今まで、国民によるこうした類の告発状は門前払いされ
不受理になっていたのです。 いよいよ、パチンコ問題という高くて
分厚い壁の一角が崩壊し、司法審判への道が拓けました。

受理からのシナリオは、既に、ある程度決まっており、
いずれ明らかになると思います。

ただし、9月28日に出した際に加え、11月8日付け告発では、
ある種決定的証拠を添付しましたので、
このシナリオは変わる可能性もあります。

捜査次第で、パチンコ営業の実態が新たに判明するかもしれません。


ソース http://casino-status.com/illegal-premium1.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これはマルハンを賭博場開帳図利罪で告発したというニュースです。

しかし、京都の地方検察庁は賭博場開張図利罪に関する
告発の処分として嫌疑不十分の不起訴を申し立てました。

いままで、こういったパチンコを賭博ではないかというような
告発状は、まともに相手もされず不受理が当たり前でしたが
一応受理されたということは一歩前進です。

話はまだ続きます。検察審査会が審査申立を受理しました。

これは不起訴処分に問題がないか審査する合議制度です。
検察審査会で二度目の起訴相当議決となった場合には
被疑者は強制的に起訴されます



現代の裁判官は法よりも政治的な判断を優先しているため、今後もいきなりパチンコが賭博罪ということにはならないと思います。

今回の裁判にしても期待していませんが、
国民を想う気骨のある審査員がいてくれることを願うだけです。

私はパチンコを無くすため最後は国民の力しかないと考えてます。

こういった地道な反パチンコ運動の行動の積み重ねの結果としてパチンコは本来のあるべき姿を晒すようになるのです。

ひとつだけ言えることは
パチンコ業界は追い込まれつつあるということです。

パチンコに関連する仕事をしている方は
一日でも早く転職するべきです。誰がいつ辞めるか、
潰れるか、とにかく速抜けレースです。

いつまでも人の不幸で生活をしていると
最終的に様々な責任を負わされる羽目になるかもしれません。

この裁判がどう転ぶか分かりませんが
とても興味のある記事でしたのでお知らせいたしました。



◆□◆□◆ 脱パチンコカウンセリング受付中     ◆□◆□◆
のめり込みから依存の方までパチンコを止めるサポートをいたします
申し込みはコチラから↓ギャンブル依存症回復への道
ギャンブル依存症回復への道 オンライン

メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。