パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
貯玉・再プレー雑学
今回は貯玉雑学になります。

私は貯玉・再プレーが違法ではないかと常々疑問をもっていました。

なぜ法律で禁止されているのではないのかと思った理由は

風営法第二十三条、遊技場営業者の禁止行為のなかに
『遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること』と書かれていることからです。

書面じゃなくてICカードならいいのかよという疑問点でした。

まず、なぜ法律で書面発行を禁止したかというと、


預かっていますので次も来てくださいねという書面が
賭博行為に常習性を促す危機感があるのと、

その発行された書面自体が売買され、現金と同じ価値
持ってしまうことに警察は嫌悪感を抱いたみたいです。


しかし調べてみると、書面ではなくICカードならいいという
理由を警察は発表していました。


これは警察庁解釈基準として明記されています。

---------------------------------------------


書面は渡せないが、データを見せることはできるので
会員カードを端末に入れるとデータにアクセスできるというシステムを利用することにより違法ではなくなる。

そして、磁気カードなどに残玉数を記憶させてしまうと
記憶させたカード自体が有価証券と実質的に変らないということにもなるので会員カードに玉数は記憶させず、あくまで会員がデータにアクセスするための情報しか会員カードで記憶させることはできないことで合法と解釈しています。


---------------------------------------------
そして警察庁から貯玉・再プレーシステムは「換金行為の減少に寄与するものであり、利用者のほど措置と適正な運用が担保されることを前提に推奨する」と見解しています。


個人的な意見ですが、法律なんてパチンコ業界と警察の都合のいいように解釈されているのではないでしょうか。


貯玉・再プレーなんてギャンブル依存を促進させるためとしか理由が思いつきません。
あなたは賭博場に現金を預けていることが正常と考えれますか?


換金行為の減少なんて微々たるものですし、換金行為自体を撲滅しなければいけません

減少という言葉は換金行為を暗に認めていますね。賭博と犯罪をなくす事が、私たちの大切な税金を使ってくださる警察の仕事だったと思うのですが・・・

また適正な運用を前提に推奨としてますが、補償制度の加入率が低いのに適正な運用ができているとは言えないのではないでようか?


そしてオーテミ事件や換金・貯玉問題など、十分に話題性のあるニュースですが
どのメディアもこぞってとりあげようとしません。

パッキーカードと同じく利権構造、天下りの匂いがプンプンしてます。
貯玉システムを巡るパチンコと官僚、それを報道しないメディアとパチンコにそろそろ日本国民全員が愛想をつかすときではないでしょうか?


国民主体でパチンコ撲滅運動を推進しましょう。


怒れよ日本人!!地方ではまだ見られないですが

都市部では銀行のATMがパチンコ店内に設置しています。

パチンコ依存症が問題にされている中での、このようなことは

道義的におかしいのではないでしょうか

そんなにお金がほしいかパチンコ店!!!

パチンコ店内での引き出しは上限3万までと決まっていますが

3万使い切った次にはコンビニですぐ引き出せる環境なので

そんなの関係ねぇ!です。

次はどんな手で善良な国民を堕落させようとするのでしょうか?

あなたはまだ馬鹿にされますか・・・




FC2 Blog Ranking

メルマガ登録
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。