パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
禁パチ回復施設
パチンコを止めるための回復施設の具体的な内容をお知らせします。


前回紹介させていただいたサイトに掲載されていた
数え切れない悲劇の物語をお読みいただけたでしょうか。


真面目に働いていてもパチンコを覚えてしまい転がり落ちる人生
多数の借金を家族に話すことが出来ずに自殺の道を選んだ旦那
幸せな結婚、宝のような子供、優しい旦那、
すべてをパチンコのせいで無くしてしまった主婦
大学に受かってもパチンコにのめり込んだせいで学業がおろそかになり、借金まみれになって退学し、実家に帰れなくなりさまよう学生


パチンコ店の奴隷から脱却できる回復施設をお知らせします。
このままではダメだ!と思ったら即連絡してください。


●自助グループ

○GA(ギャンブラーズ・アノニマス
依存症者本人を対象とした依存者同士でのミーティング開催
http://www001.upp.so-net.ne.jp/ga-japan/

ギャンブラーズアノニマスとは,ギャンブル依存症の自助グループとして最も代表的なものです。

自助グループとは,同じ問題を抱えた者同士が相互の体験を話し合い、相互に助け合い,
問題を乗り越えていくことで依存回復を目指すグループです。

グループミーティングに参加することで自分の置かれている立場を再認識し、他人にアドバイスすることによって自分の無意識、潜在意識に落とし込まれ回復へと行動します。

私は依存者が禁パチを他人に推奨することをヘルパーセラピーと呼び、効果があることを実感していま。

また定期的に集まることによってスリップ防止に強力的な効果も発揮します。

ただし、気をつけておかなければいけないことは、グループ別で参加意識に差がある場合があるということです。

正しい専門知識がない依存者同志の集まりになりますのでミーティングの濃さは参加者の意識に左右されますので気をつけてください。

しかし、すべてを含めて集団療法は依存治療に非常に効果的です。

まずはご自分の地域で活動しているGAを探しコンタクトをとってみてください。
ダウンロードサイトにて無料配布されている20の質問というチェックシートもありますのでぜひお試しください。


そのほかにも自助グループは家族を対象としたギャノマンや女性を対象としたグループがあります。


○ギャノマン
ギャンブル依存症者の家族・友人のための自助グループ
http://gam-anon.jp/index.html

○ヌジュミ

女性のギャンブル依存症者のリハビリテーションセンター
http://homepage3.nifty.com/nujyumi/



●治療専門施設
グループミーティングでも回復が出来ない場合は次の手段として専門施設で治療することをお勧めします。パチンコがやめれないというのは心の病気が原因で、パチンコは酒や麻薬などとおなじ依存物質として考えられています。

仕事をしながらの治療は職場環境や家庭環境など複雑に絡みあい、依存を発生させる原因となる心の病気が解消できません。

それらを解決してくれるのが、さまざまな依存原因から物理的に距離をとる遮断療法なのです。治療専門施設では入院し入寮などの遮断療法と同時に専門家からのアドバイスを受けることにより確実に治療へと導きます。

時間とお金はかかりますがパチンコを止めることができるなら微々たるものです。場合によっては家族の方が受けても効果が出る非常に強力な治療方法です。


○蓮華院誕生寺 内観研修所

熊本県 心のトラブルに対して内観療法での治療をされており、
リンク集には各県の内観施設が紹介されています。
http://www.uproad.ne.jp/rengein/

コチラは集中内観として寺に1週間ほど泊り込み、その中で自分の過去の想い出を特定の身近かの人々との関係の中から、組織的に順序立てて、徹底的に調べ自分の内面に語りかけます。その結果本人も驚くほどの回復をすることができます。

内観とは、さまざまな心の悩みが解消される心理的治療法であり合理的な自己改善法としてさまざまな場所で治療に役立てられています。パチンコ依存症にも非常に効果ありです。

詳しくは→内観法.com
http://www.naikanhou.com/index.html


○ワンデーポート
日本で唯一の強迫的ギャンブル(ギャンブル依存症)回復施設
入寮施設もあり、全国各地から利用者が集まっています。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~onedayport/


横浜市に所在するワンデーポートは,国内で唯一の入寮受け入れ可能なギャンブル依存症回復施設です。「今日一日の避難所」という意味をもって命名され,とにかく今日一日ギャンブルから離れ,安心して過ごせる場所を,という願いから設立されたそうです。

ここでも,毎日ギャンブル依存症からの回復のためのミーティングが行われ,入所すると3ヶ月間,このプログラムを受けることになります。少し時間がかかりますが、依存症を回復するためには必要だと思います。

通所での参加ももちろん可能ですが,遠方であるなど,通所が難しい場合,入寮することもできるそうです。


パチンコを止めるための手段はいくらでもあります。
禁パチを達成するという目的のため、ぜひ自分のあった方法を探してください。




パチンコを止めるというのは簡単ではありません。

無料で、しかも時間をかけずに禁パチしたいというのは甘いです。

すぐに止めれるなら、これだけの被害者はでていません。

しかし、インターネットなどの掲示板やMIXIのコミュニティでも

悲惨な状況まで追い込まれていてもお金はかけずに禁パチしたいという

意見がほとんどです。

しかし、パチンコにのめりこむというのは病気です。

意思の強さだけでは治りません

禁パチには専門家の知識とお金と時間は必要です。


治療したあと得られるものに対して、

あなたはどれだけ治療費を払おうとしてますか

一度真剣に向き合ってみてください。



FC2 Blog Ranking

メルマガ登録



スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。