パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコ店で働く
パチンコ依存症カウンセラー

パチンコ店で働くとはどういうことでしょうか。

ハッキリいって仕事内容は専門的な事や難しい作業はまったくなく言い方は悪いですが誰でもできる仕事です。

しかし、給料を比べて見ればサービス業としてはトップレベルで
バイトは時給1400円や1500円など高額で魅力的な職種です。

なぜならば、それにはいろいろな理由があるのです。
ただ給料がいいからと選べば後悔します。


職業病といえばホールの音楽で難聴や箱を積み下ろすことで
腰を悪くすることがあげれます。

もちろん精神的にもよくありません。
客から怒鳴られるのは日常茶飯事で理不尽なことで
因縁をつけられストレスが凄く溜まります。

そして、給料が高額な大きな理由のひとつに
トラブルに巻き込まれやすいということが挙げれます。

昔はパンチパーマで刺青を背負った怖い従業員が働いており
客も従業員もいろいろとトラブルが絶えませんでした。

どこのパチンコ店でも2階が従業員の寮になっており
どこにいっても雇ってくれない荒くれ物の集まるところでした


前科者、得体の知れない者、何かから逃げている者など
そして、たまにいる従業員の女性は

駆け落ち同然でやってくる夫婦ものと相場が決まっていました。
パチンコ屋とはまさに無法地帯といったところでした。
店員も客も自分さえよけれなんでもありの環境です。

とにかくトラブルが絶えない場所です。
従業員同士、お客と従業員、客同士など
ホールでは毎日なにかしら問題が起きていました。

一昔前はパチンコ業界の就職は
家族や親戚などの関係者が猛反対していました。

昔からパチンコ店では働くなといわれていたのにはそれなりの理由があったのです。


近年ではパチンコ屋がイメージアップをはかり
店内の雰囲気を明るくしたり、店内ルールを徹底したり
若い女の子がメインのスタッフ構成になっています。

高い時給を出して若い女性従業員を増やすと
トラブルが減少しますがそれでもゼロということはありません。

華やかに見えても結局裏側は昔とそれほど変わりません。

パチンコ店で働くということは

客から知らない間に恨みを抱かれている可能性が高く
トラブルに巻き込まれる可能性が高いということです。


トラブル例といえば急に殴られたり車にイタズラされたり、
女性ならストーカー行為などです。

命にかかわるトラブルといえばやはり
拉致・強盗・放火・殺人未遂などがあります。

強盗にいたっては枚挙にいとまがありません。

そして、放火ですが東京消防庁調べでは
パチンコ店火災の出火原因の一番多いのが放火です。

最近でも有名な大阪市此花地区でのパチンコ店放火で
遊技客、従業員を含めた4人の方が亡くなった事件もありました。


殺人未遂としては
--------------------------------------------------
松山 /愛媛 JJ小坂(自由時間) 2008年10月10日
パチンコ店で従業員を刺す 容疑で無職の男逮捕

・10日午後1時5分ごろ松山市小坂2のパチンコ店
JJ小坂の女性従業員から 「従業員が 刺された」と
110番通報があり駆け付けた松山東署員が
別の従業員に取り押さえられていた
同市枝松2、無職、山本昭一容疑者(48)を
殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。客にけがはなかった。

調べに対し山本容疑者は
「これまで50万~60万円負けて腹が立ってやった」
と供述しているという。
--------------------------------------------------

まだまだ犯罪体質のパチンコ業界は様々なトラブルがおこります。

パチンコ屋で働こうとするのは給料だけで決めないようにしてください。

それなりのリスクがあると言うことを知り

多少の給料の多さで命まで失わないでください。

この業界で働くということは
多少のトラブルがあって当然


あと、パチンコ業の特徴として離職率が非常に高いです。

ワンマンオーナーの機嫌人事や

スタッフ同士の人間関係で構築されており。

不条理、妬みや恨みなどマイナスなことばかりが渦巻いており。

現在パチンコ店で働いている方は

一生の仕事と考えないほうが賢明です。

『ありがとう』
と言われる仕事をしてください。








FC2 Blog Ranking

メルマガ登録




スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。