パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンカーの借金が増えるわけ
パチンコ依存症カウンセラー

パチンコによって借金が増える、それをまずは知っておいてください。

パチンコであなたが失うものは正常な金銭感覚です。

ギャンブルをはじめると借金が急激に増えてきます。

その借金の原因はパチンコで負けるのがほとんどですが、
金銭感覚がおかしくなったこともあげられます。

金銭感覚がおかしくなるというのはどういうことかというと、
簡単にいれば金遣いが荒くなっているということです。

ギャンブラーは1000円なんてお金じゃないと思っています。
千円なんてパチンコでつかえば5分でなくなります。
1万円なんてアッという間になくなります。

3時間でサラリーマンの1カ月分の小遣いがなくなります

よくある価値観がくずれる事例をご紹介します。

それまでは10円単位で節約していた主婦が、
たまたま入ったパチンコ店でビキナーズラックの
大勝してしまい、その結果節約するのがわずらわしくなって

ドンドンお金の使い方が
派手になっていってしまう事例が多いです。

その結果お金の価値観が崩れてしまい、
節約よりも借金を繰り返します。

会社員でも真面目に1ヶ月働いて20万の給料を手にするのが
バカらしくなります。それはギャンブルをして

1日で20万手に入ってしまったからなのです。
極端な例でわかりやすいのは宝くじです。

宝くじで当たった人で多いのが自己破産する人です。

たまたま手にした大金のせいで、
いつでもお金が入ると脳が勘違いしてしまい

湯水のようにタレ流し使って気がついたときには現金がなくなり
派手な生活習慣だけが残ってしまいます。

お金の器ができていないのに
大金を手に入れた結果が自己破産
です。

これらの金銭感覚の異常にあたるのは
お金を手に入れた時の価値観がその原因です。

実は金銭価値観がパチンコで勝ったときに
固定されているのです。


パチンコすれば容易に金が入る、
自分は大金を持っていると錯覚するのです。

そのため生活水準が自分の分限を超えています。
パチンコで負けて生活費がなくなり

節約や返済しなければならないのに、
ひとつもそのような行動に移りません。

何度もパチンコで負けることを繰り返してもどうにかなると考え

パチンコで50万負けていたとしても
少しでも手元にお金がはいれば酒に買い物、焼肉、豪遊など
今までの負けなどを忘れて使ってしまいます。

金銭感覚がおかしくなると経済観念もおかしくなっています。

お金はいつでもできると貯金をしょうとしませんし、
税金なども払おうとしません。

勝ったら払うといいながら手元に現金があれば、
実はギャンブルの種銭に使っているのです

そういった人たちは現実から目をそむけて慢心におちいっており、

いつか勝って返せると消費者金融で
借りてまでギャンブルするようになります。

これが、パチンカーが陥っている状態です。
このことはパチンコをやめたあとでも
気をつけておかなければいけません。

意識してお金の使い方を自粛してください。
自分の生活レベルにあった経済感覚を身に着けてください。

FC2 Blog Ranking

メルマガ登録

スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。