パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
営業戦略と出玉調整との関連
営業戦略と出玉調整との関連です。

『パチンコ店は○○を作ることに一生懸命』の続編です。

お金には死に銭と生き銭があります。
※費用対効果ということです。

生き銭とはズバリ次につながる出玉です。
店側の希望は勝っても次にまた負けにきてくれる
そういう客にこそ出して欲しいのです。

同じ10万を出されたにしても
勝ち逃げしても二度とこない人よりも
また自店で使ってくれる人に持って帰ってもらうのが
店側にとって非常に都合がいいのです。


生かさず殺さず利益を得るために、あえてたまに常連を勝たせます。
なぜか常連ほど同じ席に座りたがる傾向があります。

出すといっても、もちろん合法的にです。
遠隔などではなく調整を甘くしたり設定をあげたり
勝ちやすい条件を準備しておくだけです。

他にも稼動がない台がでるよりも
新しい台や看板イベント機に爆裂してほしい。

県外ナンバーや一見客などよりも
常連になってくれそうな地元客に・・・・

だから一見客の多い駅前や
温泉街のパチンコは出ないのが当たり前です。


また常連になりやすい客層に合わせて営業することが
パチンコ店の売上げと利益確保につながっています。

パチンコ店はそれを知ってターゲットに設定して営業しています。

若い女性客や主婦、学生、公務員など
金と時間があるターゲットに向け
サービスやイベントなど常連作りに繋がる営業戦略を仕掛けます。

あなたは自分を冷静に見つめてみて大丈夫でしょうか?

パチンコ店は常連という奴隷を作り出すことに躍起です。

『自店のファン作りに一生懸命です=奴隷作りに必死です!』

相手の手口を知り、それに惑わされず

数字をキチンと見て情報武装してください。


そして感情論や世間論でなく

客観的な数字とあなた自身の体験をもとに

簡単に騙されないように自分で考えて行動してください。
スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。