パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコ店の営業ノウハウ2
パチンコ依存症カウンセラー


今回は店がどのように営業調整しているか
より具体的な事をお知らせします。

全体から徐々に細かい数字に振り分けていくような感じです。

一日の稼動予想を算出して売上げを求め、それに機械割りで
調整して当日の収益を求めていきます。

過去のデータを参考にして
エクセルなどの表で予想稼動と出玉率を入力すると
大体一日の売り上げが分かるようになっており。
それに機械割をかけて利益見込みをだします。


●まず一日の稼動予想からです。

年間トータル平均値から稼動偏向要因を吟味し稼動予測をたて
それに客単価をかけ売上げを予測します。
そして算出した売上げに対して利益率を求めます。


パチンコ店は集客を予想するため基準値を作っています。
年間を通して保存していたデータを分析して、
平均的な一日あたりの顧客数を予測します。

平均滞在時間や単価などを推定して、
1日平均500人などの数字を出しておきます。

その基準値を元に客単価をかけて
売上げ予測や収益予定を算定していきます。

稼動偏向要因です。

天気(晴れと雨では稼動が変わる)
曜日特性(火曜日と土曜日では稼動が違う)
月特性(農繁期がある月とボーナスがある月は売上げが違う)
広告の配布(チラシを入れれば集客が上がるため)
信頼あるイベントの開催(メインと通常イベでは稼動が違うため)
他店イベントとの兼ね合い(他店のメインイベントの時は自店減少)
地域祭事(田舎で祭りがあれば稼動ダウン)
地域催事(運動会や田植えなどの催しで稼動がかわる)

これらは短期的な稼動に影響する要因です。
こういった要因を分析して明日はどれぐらい客が入るのかを店は予測します。

例えば雨が降ったら10%増し、広告打ったら当日30%増し、
二日目15%増し、三日目10%増し
逆に祭りがあれば20%減、給料日前は10%減などです。


基準値自体を増やす長期的な集客手法としては

設備施設の最新化(利便性やデザイン性を向上させて売上げアップ)
装飾品の充実(賭博場の雰囲気をかもしだせば投資金額アップ)
サービスの向上(顧客満足度を上げて滞在時間アップ)
魅力ある機械構成(自店周辺の客が喜びそうな台で集客アップ)
店への信頼度向上(出さなければいけない時に出すことで信頼度アップ)
スタッフ教育(スタッフのレベルを上げることで顧客流出阻止)

話が変わりますが、これらを総合したのが店力です。
要は他店との差別化です。

様々な要因を他店と比較して営業しています。

●次に機械予想です。

機種ごとに平均稼動と出玉率との関係で分配して
各台の出玉率をシュミレーションし決定します。

少ない還元率をいかに生かして使うかが
店長の腕の見せどころです。

パチンコを出すのか、スロットを出すのか
イベント台を出すのか、常連が好む台を出すのか

設定4を一台入れるとあとは1流し
それよりも設定2を三台にしようかなど
トータル的なバランスで決めていきます。

※あくまでも理論値をもとにしての計算なので誤差はあります。
※出すといっても30%の利益を10%ぐらいに抑えるぐらい
 なので店側が常に有利な立場なのは変わりません。


これがパチンコ屋の営業の仕方です。


まだまだ細かく見れば時間帯別のアプローチや
午前中の客や新台入替をしたときの客層など
相手にあわした戦略を考えています


あとはこれらに常連作り=奴隷作りをつなぎ合わせると
店が何を考えているのかよりわかると思います。


最後にあなたに知っておいて欲しいことは
あなたの勝ち負けなど店側はどうでもいいということです。

あなたがパチンコをしていることは店側から見れば
売上げを達成させるための数字としか見ていないのです。


店側から見たあなたは
時間あたり2000円の利益でしかありません。




FC2 Blog Ranking

メルマガ登録


拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。






スポンサーサイト

▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。