パチンコ完全否定
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
パチンコにまつわる事件 最新ニュース
公務員とパチンコ

-------------------------------------------------

職場の旅行積立金を横領したとして、陸上自衛隊第9師団(青森県青森市)は
2011年3月28日、第9通信大隊の男性陸士長(27)を懲戒免職にしたと発表した。

第9師団によると、陸士長は隊員32人の積立金を管理していた2010年10~12月、
口座から十数回にわたり約42万円を引き出した。
陸士長は「パチンコ代や借金返済のため」と話しているという。

同僚に管理を引き継いだ際に発覚。警務隊が3月2日に横領容疑で
青森地検に書類送検し、地検は「被害弁償が済んでいる」
として14日付で起訴猶予処分とした。

参考記事・毎日新聞(2011年3月29日)
-------------------------------------------------


-------------------------------------------------
別府市消防本部は2011年3月29日、
パチンコ店内で拾った財布を盗んだとして、
同市消防署第3中隊所属の男性消防士(28)を同日付で
停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

管理監督責任を問い、消防長と消防署長を文書訓告、
庶務課長と第3中隊長、第3中隊第2小隊長を口頭訓告とした。

同本部によると、消防士は救急士の資格取得のため、
今年1月下旬から由布市挾間町の県消防学校に入っていた。

3月1日午後7時すぎ、同町内のパチンコ店内で、
隣に座っていた男性が落とした現金約1万4000円と
パチンコ用コイン約1万円分が入った財布を拾い、そのまま立ち去った。

近くのコンビニのトイレで財布の中身を確認。パチンコ店に戻り、
中身を抜き取り、財布をトイレに放置したという。

財布がなくなっていることに気付いた被害者からの届けを受け、
店が大分県警大分南署に通報。防犯カメラなどから判明した。
消防士は同日中に任意で同署の事情聴取を受け、事実関係を認めたという。
既に示談が成立している。同署は近く書類送検する方針。
消防士は「大変申し訳ないことをした」と話しているという。

市役所で会見をした首藤忠良消防長は「あってはならない犯罪行為。
市民や関係者に心よりおわびする。指導を徹底し、再発防止、信頼回復に努める」と謝罪。

29日開いた市の緊急庁議で、市職員に綱紀粛正を徹底した。

参考記事・大分合同新聞(2011年3月30日)
-------------------------------------------------


-------------------------------------------------
海道警(札幌市中央区)の警部補が元風俗店経営者に
犯歴者情報を漏らした事件で、道警は2011年3月30日、警部補の辻本幸夫被告(56)
(地方公務員法違反で起訴)を収賄容疑で、元風俗店経営沢口将一被告(45)
(同法違反で起訴)を贈賄容疑で逮捕した。

道警の警察官が収賄容疑で逮捕されるのは初めて。

道警によると、辻本被告は昨年6月下旬と7月下旬、
沢口被告が店で雇う従業員数人の犯歴者情報を、

同被告に教えたほか、車のナンバー照会をした見返りに、
沢口被告から現金計約20万円をススキノの飲食店で受け取った疑い。

調べに対し、辻本被告は「(沢口被告からの)
相談に乗っているうちに情が移り、いつの間にか一線を越えてしまった」
「20万円はパチンコなどに使った」などと供述し、2人とも容疑を認めているという。

道警は、辻本被告が風俗店の顧問料として、
沢口被告から毎月現金を受け取っていた可能性があるとみて、調べを進めている。

参考記事・読売新聞(2011年3月30日)
-------------------------------------------------


なんともトホホな事件です・・・。

この事件を起こした方の家族はパチンコが憎くて憎くてしょうがないのではないでしょうか?

心中お察しいたします。
親しい人がパチンコが原因で犯罪を起こす。そんな社会をなくしましょう。

▲TOP
ギャンブル反対は命がけ・・・。
フィリピンで、ギャンブル反対の姿勢を強く打ち出している
ジョセフ・サリバ牧師(42=バプテスト派)が2010年10月13日昼、
マニラのケゾン地区を自動車で走行中、ガンマンに射殺された。
犯人が平然とオートバイで立ち去った、と目撃者が語っている。

サリバ氏は北部パンガシナン州ダグパン市の教会で牧会に当たっていた。
正義、人権擁護の分野や、ギャンブルなど不道徳な犯罪行為への反対活動で知られている。

パンガシナン州は、違法ギャンブルが盛んなところとしては
フィリピンで第2位ということから、超教派でキリスト教会が対応に当たっていた。

参考記事・クリスチャントゥデイ(2010年10月20日)
▲TOP
パチンコと犯罪
典型的なパチンコが犯罪を招いたケースです。

--------------------------------------------------

千葉銀行は25日、同行本部所属の男性行員(47)が顧客の預金を勝手に引き出すなどして計
1億4460万円を着服していたと発表した。

 同行は23日に行員を懲戒解雇した。近く刑事告訴する方針。

 発表によると、行員は2005年10月~今年1月、船橋市内の支店勤務時に取引のあった顧客3人に無断で投資信託を解約したり、普通預金口座から引き出したりして計41回にわたって着服していた。着服した金は、ほぼ全額を飲食や
パチンコなどの遊興費、生活費などに使っていたという。


情報元(2011年3月26日13時05分 読売新聞)


--------------------------------------------------------------------


千葉県のパチンコ屋さんはウハウハですね。
これだけの大金いったい誰が尻ぬぐいをするのでしょうか・・。

▲TOP
菅直人首相パチンコ役員からの献金発覚

首相がパチンコ店の役員から献金を受け取っていました。

道義的なことを問題にするよりも違法行為です。


-ニュース詳細-----------------------------------------------------

菅首相に違法献金の疑い 在日韓国人から 首相側未回答

菅直人首相の資金管理団体が、2006年と09年に、
在日韓国人系金融機関の元理事から計104万円の献金を受けていたことが、
朝日新聞の調べでわかった。

元理事の親族や複数の関係者は元理事について在日韓国人と説明している。
政治資金規正法は外国人からの寄付を禁じている。

複数の関係者を通じて10日夜に首相側にコメントを求めたが、
11日午前1時現在、回答はない。
元理事には経営する会社を通じて取材を申し入れたが連絡はない。

献金を受けていたのは菅首相の資金管理団体「草志会」
同団体の政治資金収支報告書によると、
旧横浜商銀信用組合の元理事の横浜市内の男性
から民主党代表代行だった06年9月に100万円、
09年3月に2万円、同8月に1万円、

政権交代後の副総理兼国家戦略担当相だった
同11月に1万円の計104万円の献金を受け取っていた。

いずれも、献金者名の欄には「通名」である日本名が記載され、
職業は「会社役員」とされている。

この男性は07年6月まで旧横浜商銀信組の非常勤理事を長年務めた。
商業登記簿などによると、
東京都内のパチンコ店などを経営する会社の代表取締役を務めている。

朝日新聞の取材に、複数の商銀関係者や親族は、元理事が韓国籍だと話している。

政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を未然に防ぐため、
外国人の政治献金を禁じている。故意や重い過失があった場合は、
3年以下の禁錮か50万円以下の罰金の罰則がある。

-------------------------------------------------朝日新聞----

100万なんてパチンコ業界からしたらハシタ金です。

金額うんぬんよりも法を犯した行為ということが問題です。


外国人からの献金をめぐっては、
ついこないだも前原誠司前外相が
在日韓国人女性から献金を受けて外相を辞任しました。


法治国家の日本では悪法でも法は法。

大勢の市民の方が納得できずとも法に従って生きています。


総理はどうする気でしょうか

そして、日本はこのままで大丈夫でしょうか・・・。

▲TOP
パチンコニュース 脱税
   パチンコ依存症カウンセラー
『ギャンブルは我慢して止めるな!』詳しく知りたい方はコチラ↑

パチンコニュース脱税情報

パチンコ店の脱税はパチンコをしない人にとっても関係があります。
脱税されていることによって国民は公的サービスの低下を強いられます。

---------------------------------
■ 12億円の法人所得隠しで都内のP店社長ら逮捕

 東京地検特捜部は12月1日、
法人所得約12億円を隠した脱税容疑で、
東京都江東区のパチンコ店経営会社、
鈴木商事の鈴木柏社長(63)など4名を逮捕した。

時事通信社のネットニュースが伝えている。

報道によると鈴木容疑者らは架空の経費を計上するなどして
2008年6月期までの3年間に計約12億900万円の所得を隠し、
約3億6200万円を脱税した疑いが持たれている。


(2010年12月2日) 月刊グリーンべると
----------------------------------


3年間で3億6千万です。1年間に1億円2千万の税金逃れ。

脱税は3年間だけであるはずがありません。

更に年数をさかのぼって考えると
間違いなく何十億というお金が脱税されています。


何度もいいますがパチンコ業界では脱税が当たり前なのです。

以前の記事より-----------------------------
一件あたり脱税額のワーストファイブ

パチンコ1件あたりの不正脱漏所得金額は2807万

不正発見割合が高く税務署発表では業種別で第2位

毎年ベストファイブに君臨する脱税天国業種です。

脱税をする理由に脱税がしやすいということが上げられます

日銭が入る業種でもあり、なおかつ多額の現金が動いています。

・現金商売で仕入れがいらない

・領収書を発行しなくてよい

・秘匿性の高い店舗運営、営業

------------------------------------------


彼らには脱税しなければいけない理由があります。

それは置いておいて、


私の周りにはパチンコが原因で生活が困窮し

2万や3万の支払いで多くの方が悩んでいます。

彼らは毎月の支払いで精神状態が不安定になっています。


100万の借金で悩んで自殺未遂をした人もいます。

それに対して3億という途方もない金額・・・パチンコ業界に呆れかえります。



また、日本は財源不足です

このパチンコ店のみだけでも
創業から脱税をできない仕組みにしておけば
何十億という税金が日本の国に入ってきていました。

業界すべてなら兆は軽いでしょう・・・。

パチンコを脱税できない仕組みにすることによって
国民ひとりひとりが得られるべき公的サービス、補助金があがります。

パチンコをしない方々も他人事ではすまされない話です。




ギャンブル依存症回復への道 オンライン↓
ギャンブル依存症回復への道 オンライン


メルマガ登録

人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ



拍手をしていただける皆様ありがとうございます。
おかげさまでパチンコの真実が広まってきております。
禁パチ成功者続々と増えています!
今回も閲覧&応援ありがとうございます。



▲TOP

出版物のお知らせ

電子出版のお知らせ

ツイッター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。